shiduku.cocolog-nifty.com > 2011/06/08 ベルサイユ宮殿

Rimg2685
Rimg2691
Rimg2692
Rimg2693
Rimg2694
Rimg2699
Rimg2701
Rimg2702
Rimg2703
Rimg2709
Rimg2710
Rimg2711
Rimg2714
Rimg2715
Rimg2717
Rimg2718
Rimg2721
Rimg2723
Rimg2727
Rimg2729
Rimg2732
Rimg2733
Rimg2734
Rimg2739
Rimg2740
Rimg2744
Rimg2756
Rimg2758
Rimg2763
Rimg2767
Rimg2769
Rimg2771
Rimg2773
Rimg2775
Rimg2776
Rimg2777
Rimg2778
Rimg2779

<< 前 | トップページ | 次 >>

Rimg2763

Rimg2763

ルーヴル美術館にもありますが、ダヴィッド本人による「ナポレオンの戴冠式」の複製。
妹のドレスがピンクという違いがあります。
この3面に大きな絵画が飾られた部屋は、もともと「衛兵の間」でしたが、この戴冠式の絵や、ナポレオンの玉座、肖像を集めたことから、いまは「戴冠の間」と呼ばれているようです。
さすがに人が群がる大人気!
一人ひとりの衣装、表情など実に丁寧。いくつか史実と違うことも描かれているそう。
ローマ教皇を呼びつけておいて、自分で月桂冠をかぶったナポレオンですが、この絵では、皇妃ジョセフィーヌに冠を授けようとしています。
ほんとは出席していない、ナポレオンの母や司祭などが臨席していたり。

ナポレオン宮廷「主席画家」ダヴィッドの「主役を引き立たせる演出」は、ナポレオンをたいそう喜ばせたとのこと。ニーズをがっちり捕まえる才能! ただ絵がうまいだけじゃ宮廷画家はつとまりませんね。

固定リンク