shiduku.cocolog-nifty.com > 2011/06/06・08 ルーヴル美術館

Rimg2505
Rimg2507
Rimg2508
Rimg2509
Rimg2510
Rimg2511
Rimg2512
Rimg2515
Rimg2516
Rimg2517
Rimg2518
Rimg2519
Rimg2520
Rimg2522
Rimg2524
Rimg2526
Rimg2527
Rimg2528
Rimg2530
Rimg2535
Rimg2536
Rimg2538
Rimg2540
Rimg2541
Rimg2542
Rimg2543
Rimg2544
Rimg2546
Rimg2549
Rimg2558
Rimg2559
Rimg2562
Rimg2563
Rimg2568
Rimg2570
Rimg2783
Rimg2787
Rimg2788
Rimg2790
Rimg2794
Rimg2795
Rimg2798
Rimg2802
Rimg2804
Rimg2805
Rimg2807
Rimg2809
Rimg2814
Rimg2825
Rimg2827
Rimg2829
Rimg2832
Rimg2834
Rimg2837
Rimg2842
Rimg2849
Rimg2851
Rimg2855
Rimg2856
Rimg2859
Rimg2862
Rimg2865
ヴィルヌーヴ・レ・ザヴィニヨンのピエタ

<< 前 | トップページ

ヴィルヌーヴ・レ・ザヴィニヨンのピエタ

ヴィルヌーヴ・レ・ザヴィニヨンのピエタ

この絵、たぶん古いテンペラ画だと思うけど、この前にじっとたたずんで見つめているおじいさんがいました。
キリストの運命を描いた作品はたくさんありますが、たしかにこの絵は引き込まれる魅力を持っているような気がしました。

Enguerrand Quarton, La Pietà de Villeneuve-lès-Avignon (c. 1455)
描かれたのは1455年、作者は、アンゲラン・カルトン(Enguerrand Quarton,1415頃ピカルディ地方のラン司教区生まれ~1466アヴィニョンで死す)ではないかという説がありますが(絵に描きこまれた寄進者の顔が似ているなど)確定できないので、一般には「ヴィルヌ-ヴ・レ・ザヴィニヨンのピエタの画家」と呼ばれているそうです。
(村田様よりご教示)

固定リンク