« 【装丁】 高原郁子五行歌集 『雅』 (そらまめ文庫) | トップページ | SONGS 小沢健二~今 僕が伝えたい音楽とことば~の衝撃 »

2017/09/29

第27回五行歌全国大会inびわ湖の私の歌と個人賞

先日の9月24日(日)に年1回の五行歌全国大会が大津で開催されました。
お天気もよく、美しい琵琶湖を目の前にした琵琶湖ホテルで約200名の皆様とご一緒しました。
関西の皆様の緻密な計画とご尽力をいただき、盛況のうちに幕を閉じることができました。
ありがとうございました。

私の提出歌はこれでした。72番。
20170929_9_56_42

半世紀も生きていれば、人生山あり谷あり。そしてその旅はもう少し続くと思われます。
ディズニーランドのアトラクションって、初めて乗るときって先に何があるかわからないですよね。
ドキドキしながら進んで、驚いたり笑ったり。
なんかあれみたいな感じだな、ってふと思ったのです。
ぐんぐん進んでいって、終わりになると「あー楽しかったぁ!」って降りる。
ああだったらいいなと。

「降りたとき」は、人生の最期のときです。最期に「楽しかった!」って終えられるよう、今を大切にしたい、という歌でした。

そして私が個人賞を進呈したのは、かおるさんの歌でした。145番。
20170929_9_56_31

このお歌は、大会作品集203首の中で、ゆうさんのご友人のように(笑)「光ってみえた」お歌でした。
すべてが暗喩で謎めいたお歌というのは、とかく長くなりがち。
でもこの歌は、驚くほど簡潔です。
読んだときに、「あーなんて素敵な歌なんだろう!」 としびれました。

迷路は、自分の人生、生き方の選択ととりました。
迷いながらもぐるぐる歩いていく。時は進む。
椅子を置いたのは、おそらく過去の自分。
過去にも迷い込んだ道なのかもしれません。
その時、苦しんだあげく、気がついたこと。「私は私」なんだと。
いつか迷った自分のために、「まあ、腰かけなよ」と声をかけて、手紙を読ませる。

夢の中のことのようですが、迷いあぐねる人にはとてもイメージが広がります。
何度も手紙を読み直し、ちょっと椅子で休んだら、また進める。
そんな主人公の姿が見えました。

物語に連れて行ってくれた素晴らしい作品でした。
ちなみにこの歌を個人賞に選んだのは、私と紫野恵さん2人でした。
なんかそれも嬉しかったので、書き添えておきます。

作者のかおるさんは、ガラス絵作家。いろんなものを作ったり描いたり想像力豊かなひと。
創作活動の中で、いろんな壁にぶつかりながら歩まれているのだと思います。
かおるさんの歌だとわかって、ものすごくうれしかったです。

ほかに最高点3点つけたうたは、22番柳沢由美子さん、54番池原弘子さん、56番永田和美さん(全体3席)、66番秋葉澪さん、92番水源純さん、94番酒井映子さん、114番菜の花さんでした。
事前採点の後、同じ歌を小歌会で見るとまた違う良さを感じたりして。面白いですね。

2日目の研究会もすばらしかったのですが、今回はこのへんで。

|

« 【装丁】 高原郁子五行歌集 『雅』 (そらまめ文庫) | トップページ | SONGS 小沢健二~今 僕が伝えたい音楽とことば~の衝撃 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28323/65851750

この記事へのトラックバック一覧です: 第27回五行歌全国大会inびわ湖の私の歌と個人賞:

« 【装丁】 高原郁子五行歌集 『雅』 (そらまめ文庫) | トップページ | SONGS 小沢健二~今 僕が伝えたい音楽とことば~の衝撃 »