« 2017年7月 | トップページ

2017/08/15

【演劇】ミュージカル『にんじん』鑑賞

年に4回ある都民半額観劇会に申し込み、抽選に当たったので新橋演舞場へ『にんじん』観劇。
原作は、児童文学のジュール・ルナールが自分の子供のころの思い出をもとにして書いた、半自伝的な物語。
主演・大竹しのぶ。
大竹しのぶの舞台に興味があった。

(以下ネタばれありますので、知りたくない方はすすまないでください)

舞台はフランスの片田舎。
『にんじん』には、赤毛でそばかすの少年が主人公で、赤毛のため、家族からも名前を呼んでもらえず、「にんじん」と呼ばれている。
にんじんも、父や母のことを、「ルピックさん」「ルピックさんの奥さん」と呼ぶ。

母には兄弟で一人だけ、いつも雑用をいいつけられ、大好きなメロンももらえず、悪いことがあるとすぐにんじんのせいにされ、激しく叱責され、ぶたれたりする。
家族は、もともといい家系だったらしいが、戦争から帰った父もろくに働けず、お金に苦労してる様子。
全体的に、ギスギスしていて、夫婦の間も会話がない。

誰にも愛されていない、寂しさと苦しさから、何度か自殺をはかろうとするにんじん。

これが子ども向きの話なのかなと思ってしまうくらい、テーマは重くて、暗い。
家族だけではなく、村の人からも、にんじん、嘘つき、怠け者、と悪口を言われてる様子。
前半は、そんな状況で終わる。

大竹しのぶのにんじんは、14歳のふてくされた子どもの様子、死んだネズミや蛇をポケットにいれて、いじわるな兄に反撃するニヤニヤした感じが、可愛らしい。思ったより小柄な人だった。
昔から、どこか乗り移ったような演技をする人だと思っていたが、にんじんもそんなふうだった。

お手伝いアネット役の真琴つばさは、にんじんに死んだネズミを握らされても、動じない明るい人柄。
家族のギクシャクに気づきながらも、にんじんに心を寄せる様子。
真琴つばさは、セリフ回しも歌も、踊りも、宝塚のトップスターというのはやっぱり凄いな! と思わされた。
声の響き方、届き方、歌の力強さ、が抜きんでている。コミカルな芝居も上手。

名づけ親役の今井清隆さんは、めちゃくちゃ声がいい。セリフも歌も聞きやすくよく響き、うっとりするイケボー。

ルピック夫人のキムラ緑子は、にんじんを虐待している一方、虐待をやめられないことに苦しんでもいる。
冷たい夫や、傾いた家計、家柄だけはいいので体面をつねに気にする生活に疲れ、イライラしている。
姿勢の良さと、気位の高さ、冷たい神経質な役どころにぴったりはまる。

兄のフェリックス(中山優馬)は、母からの溺愛を受けつつも、いろんな狡さを身に着け、にんじんに罪をなすりつける嫌なやつだ。物語の最後まで改心することはなく、それでも彼も冷たい家庭に不満を持っている。
ジャニーズのアイドルもとことん嫌な役どころで頑張るのだね。

後半、誰かがにんじんを救うのかと待っていると、「姉の結婚式に出るな」と命令したのにやってきたにんじんをしかりつけた父だった。
父もまた、常に世間体を気にして、「にんじんが自殺したら、世間様になんといわれるか」と口にするようなダメ親だ。
しかし、にんじんが、結婚式から抜け出して、また首吊り自殺しようとしたところを、止めた。
「お前の心に寄り添えなかった」とやっと正直に告白する。「お父さん」「フランソワ」と呼び合う。
この人も闇を抱えていたのだ。

甘やかされていた兄のフェリックスも、家や田舎に飽き飽きして、家の金を盗んでパリに家出する。

にんじんが出した答えは、悩んだり、不幸だと思っていたのは、自分だけじゃなかったと知ったこと。
その中で、がんばってみようと、自分で決めたこと。
休暇が終わり、また一人、寄宿舎生活に戻るところで、舞台は終わる。

意外とテーマが重くて、あまりいい人がでてこなくて、それぞれの人間の苦悩みたいなものを描いている作品だった。
子どもを愛するには、まず大人が幸せじゃないといけないのかもと思ったり。
分かっていても、虐待してしまう母親からは、離さなきゃいけないとか。
この作品を子どもが見たら、どんな感想なんだろうな。にんじんに同情して、にんじんを応援したくなるのだろうか。
にんじんは、いつも母や兄からぬれぎぬを着せられていたが、自身では盗んだり、嘘はついてなかった。
周りが信じてなかっただけだ。
本当のことは、隠れていることがあるね。それをちゃんと見た目だけで判断してないかな。
そんなメッセージも、赤毛とそばかすにはあるのかもしれない。

原作も、あらためて読んでみたいなと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/08/06

Peace Hiroshima 2017

今年で10回目になるという都内で開かれている「Peace Hiroshima2017」に参加してきました。
Peacehiroshima20171

音楽やアート、被爆者のお話しを通じ、原爆犠牲者への追悼を行い、平和や命に思いをよせるイベントとなっていた。
今回は朗読劇「朗読原爆詩集」として、idenshi195というグループが上演。原作は峠三吉氏の「原爆詩集」。
峠三吉は、28歳のときに爆心地から3kmで被爆し、『原爆詩集』を自費出版したという。(wikipediaより)

この「原爆詩集」というのを私は初めて知った。調べると青空文庫にも入っているので、興味ある方はぜひ読んでいただきたい。まさに歴史の語り部、重く、痛々しく、辛い詩である。

今回の朗読劇では、脚本・演出の髙橋郁子氏のもと、上畑正和氏の即興ピアノのメロディーにのせ、12名の若者が語り、演技した。
劇のあとのトークで、髙橋郁子氏が、詩が重たいものなのでどう表現するか、工夫した。ピアノの演奏を合わせることで、癒しと鎮魂をもたらした、と語った。
とても素晴らしかった。

被爆者の上田紘治氏は、3歳に入市被爆したという。入市被ばくとは、原爆が投下された後、8月20日までに、爆心地からおおむね2キロ以内に入った人のことをさすという。(これも知らなかった)
いろんな場所で講演などされて、核廃絶運動をされているそうだ。
「ヒバクシャ国際署名」も集めているそうで、国連に核兵器を禁止し、廃絶するための署名運動という。

朗読劇を見て、ある日、いつもと同じような朝を過ごしていた人々が、一瞬のうちにすべてを失う惨さを見せつけられた。こんなこと、許されないと思いを強くした。

ロビーに被爆者の絵、というのが展示されていた。
川や井戸で死んでる人の絵。体の皮がびろびろはがれながら歩いてる人の絵。
階段の一段一段全部に人が倒れている絵。素人の絵で稚拙なのが救いだ。
上手でリアルな絵だったら、残酷過ぎて吐きそうだ。

文字も書いてある。みんな「水、水」と水を欲しがるのだが、水をあげると死んでしまうのであげられなかったと。

たぶんあげてもあげなくても死んでしまうのだと思う。これを思い出してよく描いたものだ。
どうしても描き残しておこうという勇気の絵だった。

せっかくこれを見たのだからと思って、署名もしてきた。
核兵器は、一瞬で何十万人の命を奪う。
これは止めなければいけないと思った。
広島の被爆者の思いを、むだにしてはいけないと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年7月 | トップページ