« 「秒速5センチメートル」は缶の飴だとおもった。 | トップページ | 甘雨×葉花「蝶花・てふてふやはなや」展 887書道WS »

2017/06/24

おまけの人生

小林麻央さんが5歳と4歳のお子さんを残して、34歳で亡くなられた。乳がんだった。

私の家族にとって、麻央さんは自分たちのことのようであったのだ。
私は、37歳のときに卵巣がんになった。
娘は、7歳だった。(入院した3月はまだ小学1年生だった)
ブログを読んでも、会見を聞いても、涙がでる。悔しくて悲しい。

あとから娘本人に聞いても、当時は何が起こってるのか「よくわかってなかった」という。
私自身が「なんで私が!」とずっと思っていた。
「こんなに小さい子を残して死ねない」とずっと思っていた。

闘病は辛かった。だから麻央さんの闘病も苦しかったと思う。
いつも笑顔で気丈にブログを更新されていて、すごいなと思っていた。
最善の治療もかなわず、彼女は助からなかった。
わたしは、助かった。

今生きていられるのを、心からありがたくかみしめている。
おまけの人生だなーと思う。
そして家族のために、少しでも恩返ししたいと思う。

それができなければ、私の生きる意味なんてない。
いや、それは大げさか。
意味なくても、生きるや。(笑笑)
生きたいや。

|

« 「秒速5センチメートル」は缶の飴だとおもった。 | トップページ | 甘雨×葉花「蝶花・てふてふやはなや」展 887書道WS »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28323/65450776

この記事へのトラックバック一覧です: おまけの人生:

« 「秒速5センチメートル」は缶の飴だとおもった。 | トップページ | 甘雨×葉花「蝶花・てふてふやはなや」展 887書道WS »