« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016/09/30

おかえり、宇多田ヒカル

およそ6年ぶりに活動再開した宇多田ヒカルが、9月22日放送NHKのSONGSに出演した。
結婚(再婚)し、出産もしたと聞く。
その番組の、インタビュー映像の中で彼女が「母の死」を乗り越えたことについて語っていた。

「花束を君に」を朝ドラのテーマソングで初めて聞いたとき、これは母・藤圭子に捧げた曲だとすぐわかった。
歌いだしが、死化粧だったから。「これが朝ドラのテーマ?」と正直ちょっとぎょっとした。
今朝、その朝ドラ「とと姉ちゃん」の中で、花山が亡くなった。
ここに、「花束を君に」の曲が重なって、ああ、こういうつながりだったんだ、とはじめて腑に落ちた。

結婚や出産していなかったら、まだ立ち直れていなかったんじゃないか、と。
自分の子をもって、母との関係性をあらためて教えられたようだった。

インタビューをした糸井重里が、「詩が変わった」と指摘すると、それが一番変わったと本人も認めていた。
強がりキャラを通してしか、表現できなかったのが、それがいらなくなった、と。

SONGSで宇多田ヒカルの新しい曲を何曲か聞いた。
そうね、本当に素直。直球になった。

「宇多田ヒカル」というキャラと、自分とのギャップに苦しんだり、日本にもアメリカにもしっくりこないアウトサイダーだったり、その苦しみと、その中で身もだえるユーモア。
それは確かに魅力的だったんだ。

新しく私たちの目の前に現れた彼女は、いろんなものを捨て去って、すっと立っていた。
やっとここにきたんだね。
これたんだね。

今の君もだいすきだよ。
おかえり、宇多田ヒカル。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/09/18

くるり 「東京」の衝撃

9月9日(金)私が毎週楽しみにしている、生放送の歌番組「ミュージックステーション」(Mステ)に「くるり」というバンドが出演した。
くるり結成20周年記念オールタイムベストアルバム『くるりの20回転』が発売になることと、そのベストにメジャーデビュー曲の「東京」が入っていることから、この日のパフォーマンスになったのだろう。

くるりの曲は、ボーカルの岸田繁さんが書いてること、3人くらいのロックバンドなことくらいしか知らなくて、思えばまともに曲を聴く機会がなかった。
すっかり大人の顔になり、ベースの佐藤さんは白髪になり、曲を聴き始めた私は、すっかり魅了されてしまった。
ああ、なんてすごいんだ!
終盤の佐藤さんの「パーパーパッパパー」のコーラスも驚きをもって聴き入った。

その後youtubeで10年前の音源を見つけ、何度も聞いた。
ああ、でもなんかね、負けてないよ。今も。

私の脳は、しばらく、「東京」の無限ループ状態になった。それまではbump of chickenの「ひとりごと」とかバンプの曲ばかりだったのに、塗り替えられてしまった。(バカだねぇ)
何がこんなにいいのか!
感じてるものをむりやり言語化すれば、それは「叙情」だと思った。
この曲にある、胸をかきむしりたくなる叙情!

ほんとの岸田さんの書いた詩の中身が分かるかと言われると、自信がなかった。
簡単に「分かる」というのは、安易すぎると思うから。
(当然ながら、歌詞だけじゃなく、メロディーと演奏技術の合わせ技が生みだしてる)

でも、生まれた東京から、地方の大学へ進んで、東京の外から東京をみたこと。
よりどころのない土地で、一人暮らししたこと。
この時に持っていた、モヤモヤした感情は、この歌の中の本質とすごく共鳴したんだ。
そのことのほかに、自分が五行歌なり、文章なりで表現したいもの、詠いたいものも、まさしくこの「叙情」だと気づかされた。
こんなにも心を奪われ、揺り動かされるこの「東京」に秘められた「叙情」にやられたんだ。

自分もいろんなことを考えたり、思ったりするけど、そんなこと、うまく話せないし、話せる人もいない。
でも、歌や文章に書けば、誰か読んでくれる人がいるかもしれない。
そんなかすかな希望の光を持ちながら、いつも書いている。
話せないのに、書くのは平気なのは不思議でもあるけど。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

行田市ぶらり散策

9月10日(土) 今日は、夫と二人で遠足に行きました。
『のぼうの城』で有名になった忍城址や、さきたま古墳などを見て回りました。
JRの行田からだと、遠いとのことで、一度熊谷に出て、秩父鉄道に乗り換え、行田市駅に降りました。
秩父鉄道では、ちょうどSLが出発するところを見られて、ラッキー♪

Simg_4520
ビボヨー! 汽笛いただきました!

駅から少しいったところで、「観光情報館ぶらっと♪ぎょうだ」で地図をもらって、レンタサイクルを借りました。
なんと無料で、市内の何か所かに返すことができるというすばらしいシステム。
各々身分証明書が必要なので、お忘れなく。

まずは忍城址・郷土博物館へ。
Simg_4523

ここはおもてなし甲冑隊が人気らしい。
今日の出陣スケジュールは、午前中紙芝居だった。(ほんとは演舞がみたかったけど・・・)
なかなかの美男美女がそろっていて、紙芝居の横で、アクションしてくれた。

郷土博物館では、行田の歴史、秀吉と小田原北条市との闘いで、石田三成の水攻めにあったが、落ちなかったこと。映画や小説にもなった『のぼうの城』の舞台です。ほかに、足袋の名産地として知られること、古墳群があること、などが紹介されていました。

行田名物、B級グルメの「フライ」と「ゼリーフライ」も食べましたよ。

Simg_4525

Simg_4529

その後、水城公園にホテイアオイを見に行ったのですが、池の中央にあって、遠い・・・。
花は薄紫できれいですが、少ししか咲いてない・・・。といまひとつ。

気を取り直して、国指定史跡のさきたま古墳公園をめざします。
ここは、広々とした緑地に、8個も古墳が集まっていて、見事でした。
古墳の周りって、なんだかひんやりしてるのです。緑が多いせいもあるけど、それだけじゃない気もします・・・。

中でも丸墓山古墳は、階段で上まで昇れて、石田三成が水責めのときに陣をかまえた場所だそうです。
階段はちょっときついですが、眺めもよく、忍城もちらっと見えて、石田三成が見た景色を体感できて、ぜひおすすめです。小さいけど石田堤の後も残っていました。

奥のすみの、将軍山古墳は、円筒埴輪が飾られて、中が展示館になっています。
「さきたま史跡の博物館」と共通で、200円で両方見られます。(なんと良心的!)
小さいスペースですが、木管と副葬品を再現して並べた様子が見られました。

強い日差しの中、「さきたま史跡の博物館」へ。
こちら、古墳から出土された、貴重な埴輪や鉄剣があり、なんと全部【国宝!】なのです。
なかでも、「金錯銘鉄剣」は、表裏115文字、脱落なく読み取れます。剣はさびでぼろぼろなのに、字は、彫を入れたところに金を詰めていて、鮮やかに浮き上がってるものでした。
少し待つとボランティアの方がガイドをしてくださると知り、お話しを聞けてよかったです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »