« 上橋菜穂子と〈精霊の守り人〉展 | トップページ | 【装丁】福田雅子五行歌集『馬ってね…』 »

2016/07/09

物語を食べて育った

小学生のとき、ヒノキちゃんという友だちがいた。
ある日その子の家に遊びに行ったとき、「うちのタンスの裏に秘密の扉があるんだよ。見せてあげる」
と言われた。
タンスの中の服をかき分けて、ヒノキちゃんは奥を調べた。
「あれ? 今日は開かないや」
私はちょっとがっかりして、なんだか少しホッとした。
何処かに行っちゃうかもしれないのが怖かったのだ。
家に帰ってから、うちのタンスの奥も調べてみたのは言うまでもない。

わかる人にはわかる。ヒノキちゃんは、「ナルニア国」の住人だったに違いない。

本を読んでいると、本の中の世界が頭の中でぐんぐん広がって、主人公と一緒に旅している気分になる。
登場人物が大好きになったり、悪役を憎んだり。
こんな風に入り込める作品は限られている。

例えば『指輪物語』、『はてしのない物語』、ハリーポッターシリーズ、『ダレン・シャン』『モモ』。
児童文学ばっかりになっちゃったが、今でもタンスの裏の鍵は持っているつもりだ。

誰かの作ったバーチャルを見せられてるんじゃなくて。
自分の想像力が作った世界への鍵。

「精霊の守り人展」に行って、いろいろ思い出して、あらためて本を読み返したり、ドラマを見たり。
困難にどう主人公が立ち向かうのか、息をとめてわくわくするのは、心の栄養になっていたと思う。
うん、物語を食べて育ったんだ。

|

« 上橋菜穂子と〈精霊の守り人〉展 | トップページ | 【装丁】福田雅子五行歌集『馬ってね…』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28323/63862586

この記事へのトラックバック一覧です: 物語を食べて育った:

« 上橋菜穂子と〈精霊の守り人〉展 | トップページ | 【装丁】福田雅子五行歌集『馬ってね…』 »