« EYEマーク・音声訳推進協議会についてわかったこと | トップページ | 【装丁】慈雨(アムリタ)ができるまで »

2014/06/18

【編集】井椎しづく五行歌集『慈雨(アムリタ)』 ができるまで

1999年、インターネットで仁尾智さんの五行歌と出合ってから15年。ようやく自分の歌をまとめた歌集を自費出版することになりました。
タイトルは、『慈雨』。慈雨と書いて、アムリタと読みます。
草壁先生、事務所の皆様、AQ五行歌会の皆様、全国のうたとものみなさま、家族に感謝です。
せっかくなので、歌集作りの記録を紹介しながら書いてみたいと思います。
ちょっと長いですが、お時間がございましたらお付き合いください。

◇◆ ------------- ◇◆ ------------- ◇◆ ------------- ◇◆

毎月同人誌の月刊『五行歌』への投稿が3〜6首、そのほかに歌会等、ノートにメモしたものなど、年間70首としても、15年創作を続けていれば、1000首くらいになる。
ほんとは5年置きくらいに歌集にまとめるといいと聞いていたが、なかなかそうはいかず、ようやくというところ。

1ページを2首にすれば、同じページ数でも収録される歌の数は倍になるわけだ。
私は小さ目の判型にしたかったのと、1首の余韻を1ページにこめたかったので、1首組にした。
一般的な200ページくらいとすると、少なくとも200首以下、全体の五分の一にすることになる。

最初にしたことは、過去の歌を小さくプリントしてもらって、テーマごとに分類しながら採用か没かをふりわけてみた。
そうすると、自分の歌の傾向とかくせみたいなものが見えてきた。
同じテーマを何回か書いていたりもしていた。

あがったテーマは以下の通り。

<季節・自然>
<旅>
<家族 夫・娘・両親>
<アート 音楽・美術>
<友情>
<恋>
<自己>

ちょっといいかもと思っても、テーマとして外れてしまうものは、やめておいた。
この傾向をつかむまでは、紙でやっていたが、量が多すぎて、途中からパソコンに切り替えた。
この7つを章立てにして、さらに270首までしぼった。

この270首になった歌のプリントをもとに、友人の福井雅世さんに挿絵をお願いした。
彼女との出会いもまた、インターネットだった。まだ五行歌を書く前、1998年だったろうか。
詩やエッセイの仲間が集まっているところで知り合い、彼女のウェブサイトは彼女のイラストで美しく構成されたものだった。
わたしのウェブサイトで、冬のかるた、を作った時、イラストを一緒に描いたこともある。
わたしは雅世さんの絵にずっと魅せられていて、いつか歌集が出せるときがきたら、きっと絵を描いてもらおうと思っていた。
アメリカに暮らしている彼女が帰国するタイミングで、東京で会い、原稿をあずけた。
原稿を読んで、イラストが浮かぶ歌があったら描いてください、とお願いした。
それが去年の7月だった。

去年2013年は、9月に五行歌の展示会があり、中心になって動くスタッフ作業をしたり、全国大会、年末の編集など忙しく暮れているうちに、歌を絞れないまま年が明けてしまい、もう自分ではわからなくなって悩んだ挙句、草壁先生に泣きつく(笑)。
数日でカット候補、あるいは改作候補のマークがついて返していただいた。

特に自己のテーマ。自分ではけっこう思い入れがある歌がカット候補になっていた。
突き放してみれば、独りよがりでわかりずらい歌が多いのだった。
なるほどなるほどと思いながら、どういうものが没候補かなんとなくわかってきた。
すると、自分でもざくざくカットできた。また、同僚や、娘にも見てもらい、わかりずらい歌がないか確認し、できうるかぎり、より言いたかった本質に近づけるよう改作をした。

最後に、「入れたほうがいいよ」とアドバイスいただき、今年の4月の特集の歌を追加して全204首を決めた。
ふりかえるとこの選歌に約1年もかかってしまっていた。
わたしは今年は歌集を出したいと思いますと年賀状に3回書いたのだ。とほほ。

雅世さんにも大変な仕事を頼んでしまい、一人で苦しませてしまった。
今年になってメールをして、もう一度相談し、少しずつ絵を見せてもらえるようになった。
Dropboxの共有フォルダで、やりとりをして、挿絵の位置を決めさせていただいた。
4月ごろから本格的にページ決めをし、構成を練り上げた。
雅世さんとの共有フォルダには、40枚のイラストが入っている。
このうち、使わせていただいたのは、21枚。贅沢だ。なんという贅沢。
心から感謝である。

後付は草壁焔太先生に跋をお願いし、あとがきを自分で書いた。
つけたかったEYEマークは、ブログの前記事にあるとおり。
これでようやく中身の原稿完成。
頁数は、256頁。16進数ぴったりの数字。
目次は数字を入れず、構成した。数字は整理するのには便利だけども、章はそれぞれのテーマを伝えるだけで十分と思ったから。
Rimg3699

外身はつぎにつづきます。

|

« EYEマーク・音声訳推進協議会についてわかったこと | トップページ | 【装丁】慈雨(アムリタ)ができるまで »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28323/59770868

この記事へのトラックバック一覧です: 【編集】井椎しづく五行歌集『慈雨(アムリタ)』 ができるまで:

« EYEマーク・音声訳推進協議会についてわかったこと | トップページ | 【装丁】慈雨(アムリタ)ができるまで »