« 小諸への旅-観光編 | トップページ | 【読書ノート】窪美澄 『ふがいない僕は空を見た』 »

2012/09/21

【読書ノート】『春にして君を離れ』アガサ・クリスティー(ややネタばれ注意)

アガサ・クリスティーがメアリ・ウェストマコット名義で書いた、小説『春にして君を離れ』がこれすごいよ、と家人にすすめられ、読んでみた。
クリスティーが別名義で書いたとおり、ストレートな推理小説ではないが、どこか恐怖を感じさせるところがロマンチック・サスペンスといわれるゆえんか。

優しい夫、よき子どもに恵まれ、女は理想の家庭を築き上げたことに満ち足りていた。が、末娘の病気見舞いを終えてバグダッドからロンドンへ帰る途中で出会った昔の友人との会話から、それまでの親子関係、夫婦の愛情に疑問を抱き始める・・・女の愛の迷いを冷たく見据え、繊細かつ流麗に描いたロマンチック・サスペンス。(早川クリスティー文庫カバー解説より)

砂漠のレストハウスで交通トラブルで数日間足止めされる、ジョーンは、ありあまる時間の中、自分の心の奥や頭のすみに言われた言葉などが浮かび上がって、いいようもない不安にかられる。

ほんとは夫、ロドニーが愛してるのは、あのみすぼらしいレスリーじゃないの?
農場経営をむりやりあきらめさせて、弁護士をつがせた夫は、疲れていやになってるのでは?
わたしが留守にしたら、うれしそう?
わたしが手伝いにはるばるバグダットまで行ったけど、娘夫婦はほんとに感謝してくれたの?

ミセス・ジョーンのやってきたことは、そんなにひどいとは思わない。
こんな人はたくさんいると思う。
でもどこか人を思いやることをせず、自分勝手で、自己満足な行動ばかりの人は、本人が気がつかなければ満足した毎日だけど、まわりはうんざりしているかもしれない。
ミセス・ジョーンは、いろんな人の言葉の端々に、そのシッポを見つける。

ミセス・ジョーンの自問自答は、読者にも突き刺さっている。
おまえの行動は、みんなに歓迎されているのか?
自分勝手なのではないか?
家族を愛し、愛されているのか?
その親切心は、ほんとうに相手のためなのか?

この何気ない物語の怖さは、読者自身に、ほんとは聞いてみたいけど、答えを聞くのが怖い問いを突き付けてくることにある。
その問いに、全肯定できる人にとっては、あまりおもしろくない話かもしれない。
非常に読者を選ぶ物語といえる。また、読者の経験や、育った環境でも大きく感想が違うだろう。
ショーンは、どこにでもいそうな主婦で、自分でもあり、自分の母親のようでもある。
だからこそ、ショーンの不安や恐怖は、自分のものとして感じられるのだ。

通常の推理小説では、どんなに残酷な殺人があっても、しょせんお話という立場で読めるのに、この小説は、自分が実は加害者じゃないか? という不安な気持ちになるところが、恐ろしいし、特殊な小説と言える。

解説の栗本薫氏の夫は、「ロドニーはいやなやつだ」と言ったと書いてあったが、わたしもロドニーのことがよくわからない。彼女をいまの彼女にしていったのは、夫のロドニーにも責任がある。
途中、「結婚は契約だ」と娘に諭すシーンがある。宗教上の理由で、簡単に離婚できなかったのだろうか。
彼を不幸せにしてるのは、彼自身だと思う。そこがなんとなく理解できない。
ロドニーの優しさと残酷さも読後感を苦いものにしている。


|

« 小諸への旅-観光編 | トップページ | 【読書ノート】窪美澄 『ふがいない僕は空を見た』 »

コメント

Honoriaさま
 コメントありがとうございました。半年も前の記事ですが、いまでも検索されてアクセスがけっこうあるので驚いています。それだけこの作品がミステリアスで、みなさん解釈に迷われてるのかもしれません。

 ロドニーのわからなさは、ジョーンは変われなくても、そこから立ち去ることもできるはずだと思ったからです。ロドニーは不幸のまま、身動きできないのが、はがゆいと思ったから。それは、ジョーンへのやっぱり愛なのか、どうなのか。すごく複雑な心理状態だと思います。おそらくたくさんの感情が絡み合って、動けないのでしょうね。そのあたりの描き方が、小説としてやっぱりすごいな、と思います。
 
 真実をみつめられない人たち・・・Honoriaさんの身近にもいらしたんですね。わたしだったら、やっぱり波風たたせず表面的に付き合うか、離れるかなと思いました。
 自分に嘘をつきつづけるのは、つらいですからね。
 そして自分の不幸を誰かのせいにして生きるのだけはしたくない、と思っています。だから、よけいロドニーが歯がゆく思えるんでしょうね。

投稿: しづく | 2013/03/14 21:39

こんにちは。「春にして、君を離れ」を検索していてたどり着きました。
ロドニーのことが分からない、彼は嫌なやつだ、と書いている人が多いのですが、それはおそらくジョーンのことを正しく理解していないからではないかと思います。
ジョーンが「変われる」と信じているから、変化を起こさないロドニーが嫌なやつに見えるのではないかと。
でも、誰かがアマゾンのレビューか何かに書いていましたが、ターシャが「自分を変えられるのは聖人」と言っているように、ジョーンは変われない。真実に向き合うことができない人間なのです。一生自分を欺いて偽りの幸せに生きるしかない。
変われないのなら、周囲にできることは現状をこれ以上悪くしないことだけ。下手に真実を突きつけても誰も幸せにはなれません。
実際に、ジョーンのような女性を何人も見てきましたし、彼女たちに真実を見せようとしましたが、結局状況を悪くするだけ、彼女たちに嫌われて私も傷つきました。。。何年もかけたこともありますがだめでした。
どうして彼女たちがジョーンのようになってしまうのか、私には分かりませんが、とても「かわいそう」で、できることはせめて幻想の幸せの中にいさせてあげることだけなのです。本当に悲しいです。

投稿: Honoria | 2013/03/13 22:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28323/55698170

この記事へのトラックバック一覧です: 【読書ノート】『春にして君を離れ』アガサ・クリスティー(ややネタばれ注意):

« 小諸への旅-観光編 | トップページ | 【読書ノート】窪美澄 『ふがいない僕は空を見た』 »