« 東京国際ブックフェア | トップページ | 南桂子展 船の旅 ~ 詩と童話と版画の世界 »

2012/07/16

2012年みたままつり、青森ねぶた奉納

7月14日(土)に靖国神社のみたままつりに行きました。
アルバム、Facebookの方に作ったので、リンクしておきます。

2012年みたままつり

ほんもののねぶたを生でみたことはない。
TVで見たことがあるだけ。
ここで見たねぶたの山車は、畳み2-3畳くらいの大きさで、リヤカーみたいなのに乗せて、股引&腹掛姿の男性が一人でひっぱってた。
そのまわりを、「ラッセラッセラッセラー」と跳人が片足で跳びまわる。

Rimg3981
踊り手、はねとは、浴衣に朱色のたすき掛けをして、腕はむきだし。跳びやすいようにか、裾まくり。ピンクやブルーのおこしが覗く。頭にはカラフルな花笠をかぶっている。

Rimg3982
参道をつかって、ひとしきり踊った後、本殿へとすすむ。
途中、懸雪洞(つりぼんぼり)を見てたら、きゅうにねぶたが動き出したので、あわてて本殿へ駆けつける。
ここで、神主さんにお祓いをうけたり、儀式。
儀式の最中は、まわりの観客も頭をたれる。
二礼二拍手一礼。カメラもお休み。
その場にいた者だけの共有があっていい。

Rimg3984

Rimg3986
花笠を取れば、鉢巻きに汗がにじむ。仕事をやり終えた男の顔。

寡黙といわれる東北人の熱い魂の片鱗を見た気がした。

|

« 東京国際ブックフェア | トップページ | 南桂子展 船の旅 ~ 詩と童話と版画の世界 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28323/55206816

この記事へのトラックバック一覧です: 2012年みたままつり、青森ねぶた奉納:

» 灯籠ともしお盆に祈り 左京・檀王法林寺 [ローカルニュースの旅]
亡くなった人を弔い、命に感謝する「みたままつり」が11日、檀王法林寺で営まれた。だん王保育園の園児が作った約150個の灯籠に火をともし、参列者が祈りをささげた。15日午後7時からは灯籠を手に町内を歩く「みたまおくり」を行う。... [続きを読む]

受信: 2012/08/12 21:46

« 東京国際ブックフェア | トップページ | 南桂子展 船の旅 ~ 詩と童話と版画の世界 »