« 映画 「ジャージの二人」 | トップページ | 大阪~京都一人旅 ダイジェスト(予告?) »

2010/09/08

躍動する身体が伝えるもの

森山未來さんってご存じですか?

映画版「世界の中心で、愛を叫ぶ」の、サク役といえば「ああー」となる人が多いかしらん。

昨日ナタリーで見つけたのが、TVドラマ「モテキ」のPVについて監督や、主演の森山さんなどが出演されている番組だった。
そこで話題になっていたのが、主題歌の「夜明けのBEAT」のPV。

まずは見るべし。


BEATにのって、跳ねる、転がるように走る、走る、くねる、回る。
ビートが刻む焦燥感にもだえるように身体がうねる。

ダンス、踊り、というより身体で伝えるまさにパーフォマンス。
身体でつくる世界観、身体で表現する迫力に圧倒される。
ブラボー!! heart04

森山さんは、Wikipediaによれば、「5歳からジャズダンス、6歳からタップダンス、8歳からクラシックバレエとヒップホップを始める。」と、舞台オーディションで、演出家の宮本亜門いわく「どんなダンスもこなしてしまう恐るべき15歳」「フレッド・アステア以来の天才かと思った」と、言わしめた筋金入りのダンサーだったのだ。
いやはや全く知らなかった。

このPVは特撮は一切使っておらず、ひたすら「森山くんの身体能力」に依存した作品という。
たしかに!
たしかに!
彼は全身で歌い、叫び、訴えている。
これが身体を使った表現だ、と見る者につきつけてくる。

がくがくして、何度も何度も見直してる。
ガタッ。って、立ち上がりたくなる。

|

« 映画 「ジャージの二人」 | トップページ | 大阪~京都一人旅 ダイジェスト(予告?) »

コメント

◇柚月くん
 反抗的な目・・・。最近きれいすぎる男子が多くて、目なんかもぱっちりすぎてなんかこういう目も新鮮なのだ。
 そうそう、パーフォマンスの凄さももとより、カメラワークとか影のアイディアとか演出もばっちりで、朝焼けの中の演奏も、監督とかスタッフのアイディアや技術もすごいよねー。
 そういう見えないものが三位一体になってぐーっと胸に食い込む作品だなぁーと思ったのでした。

投稿: しづく | 2010/09/12 22:27

クール!
この人、反抗的な目がいいですよね。
踊りがそんなに上手いとは知らなかったけど。
しなやかなのにシャープ。
PVの影の使い方も面白くて私も何度も観てしまったよ。

投稿: 柚月 | 2010/09/12 12:11

◇海のさま
 さすがチェックずみですね~!
 うんうん、あれは舞台がすごそう。
 YouTubeでいくつか見つけてみましたが、タップもうまいし歌もうまいのねー!
 今年は無理だけど、来年チャンスがあったら舞台みてみたいです! ありがとうございます☆

投稿: しづく | 2010/09/12 11:18

森山くん!いいですよね〜
ドラマの演技やダンス映像も素敵ですが
生の舞台は迫力+αがあります!

何かの機会がありましたら
ぜひ舞台を!!
お勧めします〜〜

投稿: 海の | 2010/09/10 23:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28323/49385710

この記事へのトラックバック一覧です: 躍動する身体が伝えるもの:

« 映画 「ジャージの二人」 | トップページ | 大阪~京都一人旅 ダイジェスト(予告?) »