« ぼくはロックで大人になった 〜忌野清志郎が描いた500枚の絵画〜 | トップページ | 残暑お見舞い、などなどつらつらもの思い。 »

2010/08/01

雲間に見えるチカっと光るもの

金曜日の夜22:00からは、J-wave、radio×spiderをパソコンでききながらUstrem(映像配信)を楽しんでいる。
先日のゲストは、GACKETさんで、トークテーマは『GACKT直伝セルフプロデュース術』だった。

GACKTさんは、徹底した自己管理のもとに、悩むより行動、迷うより一生懸命やってるか、削れる時間はないかと自分を追い詰めて、理想を追求する人だった。その完璧さに、凡人は全部ついていくことはできなくても、大きくうなづけるものがあった。
全部完璧にできなくても、これはゆずれない、と思ったものに対しては全力で手に入れにいっていいんだなっておもった。チカリ。

今朝、日曜美術館を見るためにTVをつけてたら「ようこそ先輩」が野村克也元監督で、おもしろそうでつい見る。
京都の母校へ赴き、小学生にボードをつかった野球をさせる。
負けた方は、どこが悪かったか、反省会をさせ、作戦をたてて、もう一試合する。
8点負けていた青チームは、最後のイニングでなんと同点まで挽回した。
野村監督は、語った。「失敗、とかいて、成長と読む」
失敗すると、くやしくてなぜ負けたのか考え、工夫する、と。

今の時代、失敗するのがむずかしい時代だと思う。
なんでもインターネットで先回りしてわかってしまって、自らの実体験で失敗することが少なくなってる気がする。
子どもから、失敗する権利を奪ってはならない。
若者だって、すべての大人だってそうだよね。失敗できる、成長できる。
すばらしい授業だった。 またチカリ。

日曜美術館。
画家、彫刻家の宮崎進氏であった。シベリア抑留体験者の宮崎氏は、いまなお創作活動をつづけている。今回は司会者がアトリエへ赴き、作品を鑑賞したり、インタビューを行った。
作品の、重さ、深さに胸を打たれる。そして宮崎氏のことば。

「人間が大好き」

過酷な体験を経ても、なお、この言葉にびっくりした。

こびやへつらいはいらない。自分自身でありたい。

宮崎氏の作品は、この言葉どおりだった。自分しかできない表現を追求されていた。
チカリ。
金曜日のGACKETさんの話にもあった。セルフプロデュースとは、生き方の問題だ、と。
ばらばらの星がつながって、ラインが見えた。

自分の創作活動は迷ってばかりだけど、こびやへつらいだけはしたくない。
どんなに歌会の点数が低くても(笑)。
人の意見を聞かないというのではなくて。

チカっとする光は、すぐにいろんな雲間に隠れてしまう。
雲があってもすすめるように、雲をふきとばす力を。
その力っていうのは、信じることなんじゃないかな。きっと。

|

« ぼくはロックで大人になった 〜忌野清志郎が描いた500枚の絵画〜 | トップページ | 残暑お見舞い、などなどつらつらもの思い。 »

コメント

◇かおるたん
 わたしも怠け者なので、びしびしほっぺた打たれた気がしたよ。
 20歳のころに決めたのかー。かおるさんのアートの軌跡なのだね。
 わたしは、「どう生きるか」ってことをずっと考えていた気がするよ。迷ったり走ったりの繰り返しな感じかなー。いろんなものを捨ててからは自分に持てる量がわかってきたような気もする。
 ある意味、「あほを認める」かもしれん。catface
 それでもそれでもだよね・・・。縄縄!

ん? 最後の一行は? お昼食べるのをがまんしたのかい? happy02

投稿: しづく | 2010/08/02 22:37

素敵な言葉を一杯、拾わはったね!
うんうん、結局は自分で考えて、行動する。というシンプルな核なんやけど、あまりにも難しいことが多すぎるわ、私。人間だもの・・・ココデツカウカ
「自分を極めたい」と20歳のころ心に決め、今まで生きてきたけど、常識やら、人の心やら、誰かの好みやら、それに絡んだ賞やランクなどなど、純粋ではない色んなものに囚われて、ため息が出るよ。
そして、結局、自分て何?にいつも戻り堂々巡りの毎日。
「失敗と書いて、成長と読む」
分析力のない私は、
「失敗と書いて、あほを認める」になるよ。
これも成長と言う素敵な言葉に替えるには、どれくらいの時間が必要か、目まいがしてくる。
それでもそれでも、絹糸一本一本繋ぐようなことでも、そのうち糸になり、縄になるというもの・・・
ごめん、今、ダイエットと戦ってるの・・・あぁぁぁぁ。

投稿: かおる | 2010/08/02 11:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28323/49027367

この記事へのトラックバック一覧です: 雲間に見えるチカっと光るもの:

« ぼくはロックで大人になった 〜忌野清志郎が描いた500枚の絵画〜 | トップページ | 残暑お見舞い、などなどつらつらもの思い。 »