« 艶やかな・・・ | トップページ | 【おさんぽカメラ】謹賀新年 »

2009/12/30

【読書ノート】 屋上キングダム

先日の文学フリマ用に作られた同人誌が、通販で買えるとあって、申し込んでみた。
メール便でさっと届いてふむふむと眺める。

いやすごい! この糸綴じ製本。見開き16枚を二つ折で1丁にして、21穴を青い糸でかがってある! 製本は株式会社JAM、ってなってるけど、手でやったみたい。Srimg0735

後藤グミさんのイラストがポップでかわいい。しかもエッセイや小説のテーマにあったイラストをたくさん書き下ろしている。豪華ー!
タイトルの書き文字もいいねぇ。
ぱらぱらと見ると、誌面もきれいにレイアウト、編集してあるし、すごいすごい。オリジナル広告も楽しい。

最初の編集長の巻頭言に、「屋上キングダム」の誕生秘話?が語られている。写真をみると、ドコモタワーが見える。緑は新宿御苑かなー。
辻一郎さんのエッセイ、「屋上から光を」のイントロで、松陽さんの「ハレルヤ」。
吹奏楽部の女の子が主人公の小説。マウスピースのこととか、基礎練習のこととか、作者にちゃんと経験か知識の裏付けがあることが好ましい。青春! 友情! の王道を迷いなくすすむストーリーに2回読んで2回とも泣いた。
わたしが文学フリマへ行って、立ち読みして、エッセイとこの小説を読み終わったとき「これください」って言うと思った。

読み進めていくと、すべてに「屋上」というキーワードがあって、題詠になっていることに気がつく。そして作品同士もリンクするように、焼きそばパンや、吹奏楽部の練習音がBGMに流れる。

沼尻つた子さんの「銀の鍵」にも泣かされた。情景描写がすごく細かい。
キーマンに言われるままに、新しい鍵を抜き差しする様子はなんだかエロチック。
メガネのイラストで、だーと泣いて終わりだと思ってしまった。ありゃ続いていました。(^^;;

ぱっとしないけどまじめでナイーブな主人公は、せめてお話では報われてほしいと思う。でも、そんなに派手な報われ方じゃなくてもいいかもね。などとぶつぶつ。

いい感じにそれぞれの個性が響いて、最後まで楽しめました。とてもすてきな一冊でした。
誰とはなく、オメデトウ! と言いたい。拍手したい。

なにしろ「屋上」というテーマが実にいい。
屋上ってどこか特別で、よく学校の思い出とつながっていて。

昔から現在まで、屋上であった出来事なんかを思い出した。
けんか、花火、鬼ごっこ。
うちのマンションは屋上は上がれないけど、一番上の階の非常階段からよく花火や☆を観るのです。
こんど行き詰った時は、屋上って手があった! と思いだそう。
いっそ心の中に、屋上を作ろう!
すてきなメッセージをありがとう。

部数限定だそうです。おすすめ。Check it Out!→屋上キングダムブログ。

|

« 艶やかな・・・ | トップページ | 【おさんぽカメラ】謹賀新年 »

コメント

◇春風裕 様
 あけましておめでとうございます。
 ごぶさたしております。
 松浦さん、なんとなく春風さんにぴったりなイメージです。読書は濫読ですが、つねに読んでないと落ち着かない感じです。ブログに紹介するのは、一部ですけど、ほんとによかったーという本をコメントしています。
 こちらこそ、いい本があったら教えてくださいね。
 よろしくお願いいたします。

投稿: しづく | 2010/01/03 19:06

しづくさん、あけましておめでとうございます。
お久しぶりです。
読書の話題が興味深いですね。
僕も松浦弥太郎さんの『日々の100』読もうと思っているところです。
今年は読書の話をさせていただけたら、嬉しいです。

今年もどうぞよろしくお願いします。

投稿: 春風裕 | 2010/01/03 16:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28323/47153222

この記事へのトラックバック一覧です: 【読書ノート】 屋上キングダム:

« 艶やかな・・・ | トップページ | 【おさんぽカメラ】謹賀新年 »