« 【読書ノート】1Q84 (読了の方のほうがいいかも) | トップページ | 探偵Xからの挑戦状! 「殺人トーナメント」 »

2009/10/14

【装丁】 『もの思いの論』

草壁先生著の『もの思いの論』、見本が印刷所から届いた。
ジャーン!
P1000233

けっこう分厚いです。10章あります。
一番心配だった、カバーの背幅と袖幅(折り返すところ)。実物をみてほっとした。

当初は、考える人のブロンズ像をデッサンして、ワイヤーイメージの抽象画に描き直したものを使おうと思っていた。今回、水源さんのイラストが入るので、合わせてみてるうちに、かち合う気がして、シルバーウィークをつぶしてもうひとつ案を1から作った。
わたしが最初に読んだゲラからも、進化していて、流れる思いのイメージ、思いをまとめ、自分の中心線を見出すことから、竜巻とか、渦潮のイメージが浮かんだ。
そこから色のコーディネイトとともに描いたカバー画がこれです。

カバーを取った裏表紙には、考える先生のイラストを。
P1000234

今回、月刊『五行歌』の五行歌日誌でおなじみの、水源純さんのイラストが10枚以上入っている。ほぼこの本のために描かれたもの。

「思い」「心」「精神」の違い。もの思いにより、自分をまとめ、より最高をめざして詩歌を書いていくこと。
草壁先生が語りかけるような文体で、日ごろおっしゃってることが、わかりやすくまとめられている。
わたしがいうのも手前味噌なのは十分承知だが、ぜひぜひおすすめしたい一冊である。

書籍データ紹介)

草壁焔太著
『もの思いの論-五行歌を形作ったもの』

第一章 思いとは
第二章 もの思いの具体例 五行歌で語る
第三章 思いの体系とその作り方、使い方
第四章 「思う」は内面を統合し、操る
第五章 古典にみる最高のもの-思い
第六章 実作が教えたもの-思いのたいせつさ
第七章 人間論
第八章 宇宙と人間
第九章 文化論
第十章 五行歌はなぜよいか

ISBN978-4-88208-097-8
税込 1,500円
市井社 
<近日刊、予約受付中> 

|

« 【読書ノート】1Q84 (読了の方のほうがいいかも) | トップページ | 探偵Xからの挑戦状! 「殺人トーナメント」 »

コメント

◇ま のさま
 ありがとうございます。そろそろ奉公明け?
 
◇柚月
 ありがとう。宇宙的かー。吸い込まれる感じはねらいどおりです☆ 純ちゃんのイラスト、かわいいよー。

◇かおるさん
 ありがとねん。うん、好きな色よん。一色もいいけど、色どおしが響きあうとぐっときます。
全国大会で見られると思いますし、AQにも持っていくね。全国よろしくです~♪

投稿: しづく | 2009/10/16 22:40

う~ん、いつもながら素敵です。
色合いが、しづくさんの好きな色合いでしょ。
気持ちいいくらいぴったり。流れも内に巻き込まれるような、内から外へ広がってるような・・・
先生の頭の中のようね。カバー下の純ちゃんのちょこっと絵もかあいい!
見るのが楽しみ!

投稿: かおる | 2009/10/16 20:57

宇宙的な表紙ができたね。吸い込まれる感じ♪
色合いもとても好みです。
水源さんのイラストがこんな所に…!って発見も楽しいね。
お疲れ様~!

投稿: 柚月 | 2009/10/16 17:24

 楽しみです。(微笑)

投稿: ま のすけ | 2009/10/15 13:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28323/46487373

この記事へのトラックバック一覧です: 【装丁】 『もの思いの論』:

« 【読書ノート】1Q84 (読了の方のほうがいいかも) | トップページ | 探偵Xからの挑戦状! 「殺人トーナメント」 »