« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009/06/27

ゴーヤ日誌(6/27)

0627p1000141
わさわさ~って感じになってきました。
ベランダの天井についてしまって、つるを切っています。(ゴメン)
先日、初めて雌花と雄花が同時に咲いたので、人工授粉をば。
そのあと、もうひと組カップル誕生。
いまのところ2つなので、できるゴーヤも2つ?
雄花は毎日2-3個は咲くのですが、雌花がなかなか咲きません。つぼみでも、花弁の下がふっくらしてるので、すぐ見つかるのですけど・・・。
窓を開けると気持ちいいです。
周りの方から見ても、目に優しいのではないかな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/06/24

五行歌展「軋」 DMできました

P1000140
8月に銀座ギャラリーいずにて、7人で五行歌展を企画しています。

今日、甘雨さんに、注文していたDMいただきました。この厚み!
ながめてはうっとり。happy02
デザイン甘雨さん。かっこええわぁ。
7月になったら五行歌を知らない知人などに送ってみようかと思います。
わたしと会った方もいやでも? もらうかもしれません。bleah


PhotoPhoto_2

ここ数日、毎日のようにカッターと紙とノリと格闘中。
さんざ悩んで、形になった! と思ったとたん、絶望。
なんでちゃんと作らないと、わからないんだろう、とため息がでる。
残骸山盛り・・・。
まだメインの壁面に飾る歌のセレクトに迷いがある・・。

銀座の画廊であえて(まあお金をかけて?)やることの意味を考えています。
ふだん自分のテリトリーにいない方たちと出会えればいいなぁ。
五行歌を通じて、心のやりとりができたらすてき。

あと、やっぱり「本気!」になる、ことかしらん。
習い事でも、自腹を切ると真剣になるみたいな。
ああ、これで痩せるともっとうれしいんですけど、なぞです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/06/18

立亀かおる展

今日午後、かおるさんの個展を見に行った。
銅版画、ガラス絵、陶芸でつくった小さな額、どれもすてきで。
五行歌は、透明なフィルムに浮かんで飾られていた。

P1000131

P1000133P1000134
かおるさんはちゃんと実物をみて創作する主義のひと。
ニットもワイヤーも、みんな実際につくってそれをみて描くのだそうだ。
息をのむ細かさ。発想の豊かさ。
絵葉書はなんどかいただいたことがあったけれど、実物を見るのは初めて。
たいへん感激した。

かおるさん、すごいです!
ちょっと遠かったけど、いいもの見せていただきました。
帰りには真向かいの、千葉市立美術館にも寄っちゃいました。
いっぱい歩きました。
おわり。 (なんかことばがでなくてなさけない。でも何か心にプレゼントをもらった気がしてます)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

ゴーヤ日誌(6/18) 咲いた!

0618p1000129
花の下に、ちっちゃなとげとげも!


0618p1000130
一枚一枚のはっぱが大きくなってきた。
つるの造形は、おもわずみとれる。


今日はかおるさんの個展、初日。
かおるさん、花が咲いたよ。

◇立亀かおる展
スペースガレリア
http://www.interq.or.jp/sun/sgaleria/index2.html
23日まで。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/06/16

ゴーヤ日誌(6/16)

Goya090616
だいぶワイルドな感じになってきた。
朝、6:30に窓を開けたら、向いのマンションの窓からたばこを吸ってる人と目が合う。
どうやらうちのゴーヤを鑑賞していた模様。
ふふふ。
しかし、おまえ、すごいぞ。
ざっとみて2m超えてる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/09

プチ旅行 * 軽井沢

娘の修学旅行留守に合わせて、2泊3日軽井沢への旅。
あいにく晴れることはなかったけれど、それなりに。
ピッキオ森のガイドツアー、セゾン美術館。
軽井沢高原教会、石の教会、メルシャン美術館などをめぐってきました。
ちょっぴりおみやげ写真など。(ぜんぶ携帯カメラですが・・・)

P1000068
野鳥の森の散策。
まあまあ、さえずりのなんとうつくしいこと。(これは写真に撮れないよ)
みどりの葉に隠れてあまり姿は見つけられず。あ、とおもって双眼鏡をつけたときにはもういないの。
他にもむささびの巣箱などを観察。
声を聞いた鳥。
カッコウ、ミソサザイ、ヤブサメ、センダイムシクイ、ノジコ。
シジュウカラとキセキレイ、ハクセキレイは姿も見えた。
歌声NO1.は、ミソサザイ。名前が味噌色の、ささいなトリ、とかわいそうだが、すばらしいソプラノ。
さえずりが歌に聞こえる。

P1000070
やまの藤は、高い所に咲く。
足もとに落ちた花で、上に藤が咲いてることを知る。
藤の花は、雨が降ると花弁を閉じるそうだ。
虫が乗っかると、ふたが開いて花粉を運んでもらう。
植物のDNAに仕組まれた知恵はすばらしい。

P1000075

すばらしかったのは、石の教会 内村鑑三資料館
リンクしたサイトにうつくしい写真があるので、そちらも見てほしい。
ライトアップされるとまた印象が変わる。
後ろからまわって地下の資料館を見ていると、「あと20分ほどで挙式がおわるのでその後でしたら、ご覧になれます」と声をかけられた。せっかくなので、待って中も見学させていただく。
建築家のケンドリック・ケロッグ氏は、「天地創造の5大要素、石、光、緑、水、木によって教会を創りあげた」という。十字架もないのに、この静かで、自然のささやきが聞こえるような、敬虔な気持ちが自然と生まれてくる。
あいにくくもり空で、「天井の蒼穹」が見られずに残念。
ここでの結婚式は、きっと心に残るすてきなものになるだろう。

P1000078

最後の一枚は、メルシャン美術館の中の建物。日本一ちいさなウィスキー醸造の工場があり、熟成中のウィスキーたるが眠っている倉庫がある。以前オーシャンウィスキーというブランドのものが、企業の合併などでここに残ったらしい。壁につたを這わせているのは、倉庫の温度管理のためという。秋には紅葉もして、観光にも一役かっている。しらかばが太くて、黒いのは、蒸発するアルコールの「酒焼け」とか。

高原のみどりは目にもやさしく、うつくしかったです。
酸素をいっぱい補給した気分です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゴーヤ日誌(6/9)

Goya090609

ゴーヤのつるは
すくすく伸びる
はしごを上るように
しなやかな緑の手が
手がかりをつかむ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »