« 豆本教室 | トップページ | マカロンのレシピで作った不思議な甘い焼き菓子 »

2009/03/12

「運がいいですね」と言われた時は

いつもお風呂タイムに、j-wave(FMラジオ)を聞いている。
先日ちょっとお風呂が遅くなって、プラトーンが終わりかけていた。

「が!」

しまってしまった。ゲストが幻冬舎の見城徹氏であったー! 
なんたる不覚。聞き逃した

最後のおわりかけのコメントのみ、聴けたのだが、それだけでしびれるぜ。

運がいいですね、ってよく人に言われる。 そのときは、「おかげさまで~」とかなんとかへらへら笑って答える。 でも、腹ん中じゃ、「お前の100倍努力してるんだ」と煮えくりかえってる。 それぐらいがいい。
(うろ覚えでちょっと適当。こんなニュアンスの言葉でした)

わかるーわかるー!
あくまで表面は、穏やかにやり過ごすのさ。(運とかそんなこというやつにはね)
そいでもって、影では地道な努力を続けるしかないのだ。

あともうひとつ。
ここの記事にも同じことが書いてあったけど。
自己嫌悪を持つことが大切と。
自信を持ってぐいぐい仕事をしている印象の見城氏から、意外なことばがもれた。
リンクした記事は古いものだが、ずっとぶれない信条としてある。
自己嫌悪は、自分の悪いところを認識してるってことだ。
悪いところ、いやなところもないまぜにして抱えて責任を果たしていくのが、やっぱりオトナなんだな、と思う。

自己嫌悪にまみれてどろどろになるのは、怖いし、辛いけど、それはなくてはならないと考えさせられた。

|

« 豆本教室 | トップページ | マカロンのレシピで作った不思議な甘い焼き菓子 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「運がいいですね」と言われた時は:

« 豆本教室 | トップページ | マカロンのレシピで作った不思議な甘い焼き菓子 »