« 矢島美容室とかバブルガムとか | トップページ | ホームスター pure がきた »

2008/12/10

巨匠ピカソ 愛と創造の軌跡

国立新美術館。

やらなきゃいけないことがいっぱいたまっているのに、行かねばならぬ、行かねばならぬ。
パリには行けなくても、六本木なら行ける。

Picasso

建物のロビーとは想像がつかないくらい、中には人がいっぱい。
平日朝一でこれだもの、土日はかなりのものだろう。
たっぷりと160点あまり。
初期の頃から晩年のものまで、最後まで情熱も筆力も衰えないことに舌を巻く。
ラインの見切りのすごさ。

数本の線分で女の体を描いてしまう・・・。

ラインの自由なこと。形は奔放だが、色彩は緻密な計算を感じる。
何度も塗り直してるもの。

圧巻は、「ドラ・マールの肖像」と「マリー=テレーズの肖像」
ほとんど同じポーズなのに、色彩とラインで二人の女性の本質の違いがよくわかる。
どんな目をしてるんだ・・・・。
なぜここが青でここが緑と選べるんだろう・・・。
目の前のものから、どんどん本質にせまっていって、イマジネーションと美しさのバランスの構成力で生み出されるのだろうか。

「包帯を巻いたフランソワーズ」の流麗なラインが、ほしい。すごくほしい。
わたしの手にも。

|

« 矢島美容室とかバブルガムとか | トップページ | ホームスター pure がきた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28323/43378778

この記事へのトラックバック一覧です: 巨匠ピカソ 愛と創造の軌跡:

« 矢島美容室とかバブルガムとか | トップページ | ホームスター pure がきた »