« 液晶絵画 Still/motion | トップページ | 突然の訃報 »

2008/09/20

【装丁】 『すぐ書ける五行歌』

ようやく見本が届きました。月末までには流通しそうです。
20080918297

『五行歌を始める人のために』(市井社刊)や『五行歌入門』(東京堂出版)が絶版になってしまい、入門書と呼べるものが『飛鳥の断崖』のみになってしまっていた。
初心者向けの五行歌入門書が待たれて久しかったので、待望の一冊といえる。

タイトルは『すぐ書ける五行歌』と、とっつきやすいものなのだが、奥も深いので装丁はあまり軽くしないでおこうと考えていた。
今年の国際ブックフェアで、置鮎(おきあい)早智枝さんの墨絵作品に出会い、ほれこんでいた。装丁に使いたいと思って温めていたので、コンタクトをとり交渉して作品を使わせていただけることになった。
墨のコントラスト、ぱっとひらいた手の5のイメージ。
まずはカバーに、作品が一番映える形で。

カバーをとった表紙にお楽しみのデザインを入れるのは、本好きの性である。
2008091830020080918301

「すぐ書ける」イメージを、スラスラと流れるような曲線で表現してみた。手のモチーフをワッペン風に入れた。
カバーの使っている色味が多めなので、表紙はシンプルにグレースケール1色にする。
スミ1色でどれだけデザインできるかのチャレンジでもあった。

帯は、置鮎さんの作品のアクセントカラーである朱に近い赤で。
重たい赤にしてしまうと、全体が重くなってしまうので、明るくしたかった。

見返しは、あさぎ色。本扉は、画像処理でグレースケールにしたものを大きく使ってみた。
カバーは、どうもこじんまりと納めてしまったので、大小のめりはりをつけた。
20080918299

置鮎さんのおかげですてきな装丁に仕上がったと思います。
ありがとうございました。

市井社から本体価格、1,100円です。
月末くらいから書店やネットから注文できると思います。
よろしくお願いいたします。

|

« 液晶絵画 Still/motion | トップページ | 突然の訃報 »

コメント

◇波那さま
 ありがとうございます。happy01
 手のひらのモチーフを絵の中にみつけたとき、「びびっ!」ときてたんです。思い切って作者の方にアタックしてよかったです。

◇前しおんさま
 さっそくお買い上げくださり、ありがとうございました。置鮎さんは画家の方です。イラストレーター協会のブースで初めて作品を拝見しました。ほかにも抽象的な油絵の作品もあるようです。秋にホームページも作られるそうなので、こちらでもご紹介しますね。happy01

◇愛子さま
 ありがとうございます。happy02入稿前でお構いもできませんですみませんでした。五行歌をはじめる人にご紹介いただけたらうれしいです。
 

投稿: しづく | 2008/09/20 22:42

昨日はおじゃましました。
さっそく読ませていただいてます。
五行歌にお誘いしたいお友だちにも紹介します。
表紙素敵です

投稿: 愛子 | 2008/09/20 17:45

昨日たまたま本部に顔を出したので早速「すぐ書ける
五行歌」読ませていただきましたhappy01
 で、まず気になったのが表紙絵。カバーの黒となんともいい感じの墨絵。あちこちめくってみて名前を発見。
置鮎さんて・・誰?と思っていた矢先でした。しかも
めったに開けないミクシーなのにwobbly
 しづくさんに呼ばれたかなgood新しい方、若い
世代にも手に取ってもらいやすい装丁ですね。お疲れ
さまでした。

投稿: 前しおん | 2008/09/20 15:42

こんにちは。またひとつ素敵なご本ができましたね。おめでとうございます!出版が楽しみです。
五行歌の五行をパーの掌で表すなんて斬新ですね!happy01

投稿: 波那 | 2008/09/20 11:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28323/42532099

この記事へのトラックバック一覧です: 【装丁】 『すぐ書ける五行歌』:

« 液晶絵画 Still/motion | トップページ | 突然の訃報 »