« 突然の訃報 | トップページ | アート散歩のつぶやき »

2008/09/27

第72回新制作展2008-国立新美術館

2008.9.17-9.29(最終日は14:00終了)

六本木の国立新美術館へ。
実は、この美術館、初めて行く。
故黒川紀章氏設計のモダンな建築。ひろびろとしたスペースが気持ちいい。

『すぐ書ける五行歌』で、作品を使わせていただいた置鮎早智枝さんが「新制作展」の公募で入選されて作品がでているというので、見に行った。チケットも一枚送っていただけたので、ありがたく使わせていただいた。

国立新美術館では、3つの展示を同時に行っていてその広さに驚いた。
新制作展だけでも、1F-3Fを使って、2F,3Fだけで23、22ブースがあり、それぞれ2m強四方の大きさのキャンバスが6-7つはいっている。作品数、作家数がすごく多くて最終日に近いこともあり、たくさんの人でにぎわっていた。
1Fは、スペースデザインと彫刻。
スペースデザインは、おもしろく興味深いものが多かった。とにかくでっかくつくるもの?
スケールの大きさが気持ちいい。

彫刻は、デッサンをするようになったのでつい体のラインを見てしまう。
みんなうまい。よくこんなバランスがとれると感心してしまう。

絵画はどれも大きなキャンバスの力作ぞろい。
80%くらい抽象画。

置鮎さんの作品は、3Fの一番奥のスペースにあった。
油彩、あるいはアクリル絵の具なのだろうか。画材はよくわからない。
ブルーを基調にしたベースに、光のリボンが踊っているような抽象絵画であった。
墨絵とは全く違う作品。
寒色なのに冷たく感じないのは、ラインの流麗さなのか。

たまにイスに座って休みながら、全部の作品を見て回った。
人が作品をつくるエネルギーが、みてるわたしへ充電されるような気がした。


|

« 突然の訃報 | トップページ | アート散歩のつぶやき »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28323/42613563

この記事へのトラックバック一覧です: 第72回新制作展2008-国立新美術館:

« 突然の訃報 | トップページ | アート散歩のつぶやき »