« メイドめがねっこのおすすめ | トップページ | 日本ホビーショー32nd2008 »

2008/05/06

髙地清子五行歌集 『雫となって』

わたくしの装丁、第五作目。とうとう完成しました・・・。
今までで一番時間がかかりました。

というのも、作品がすべて書なのでスキャンしたデータを、版面にバランスをみながら張り込み、縮小率を全部計算したんです。(まあ、エクセルがね)
カバーも今回は台紙の版下データつくりから全部自力でやりました。(イラレ猛特訓。)
表紙の図案は、素材屋さん「電網快快」のやぎさまから提供いただきました。快諾、ありがとうございました。m(_"_)m
「戦国時代前後に日本に渡来した、茶道の道具に使われる名物裂という生地に取材した壁紙」の中の一枚を使わせていただきました。印刷には、ちょっと解像度が低かったのですが、ひっそりと表紙にしこませていただきました。

SizukuomoteShidukuura
カバーの裏にあるのは、5つの章のタイトル。墨字はすべて著者の直筆です。

ShizukukasaneShidukuhonmon


判形はA4変型、並製ですがどっしりとした横長の本です。
裏移りしないように、本文紙も、いい紙使ってます。
表紙は、カバーがきりっとすっきりしたものにしたので、こってりと色味をのせました。
見返しは明るいクリーム。著者のお好みを取り入れて。
本文は、落款印の朱と墨の二色刷り。
いやいや、豪華です。
タイトルに「雫」も入っていて、思い入れの深ーい作品になりました。
税込定価、2,000円。連休明けから配本になりますので、もう少ししたらネット書店からもご注文できます。よろしくお願いします。(笑)<ちょっぴり営業。

|

« メイドめがねっこのおすすめ | トップページ | 日本ホビーショー32nd2008 »

コメント

◇かおるたん
 ありがとうhappy02
 赤い表紙は、長じゅばんのイメージよん。
 ホビーショウ、そうでしたか。
 じゃ、会えないな。(しょぼん)

◇ま のすけさん
  ありがとうございます。shine
  墨字だからなおのこと、横幅ひろいんです。
 髙地さんが、あいだみつをの本を参考に持っていらして、この大きさでとのリクエストでした。広い判面のおかげで、作品に迫力がでたと思います。
 こちらも歌会代表様へ贈呈予定なので、どこかの歌会でご覧になってください。
 

投稿: しづく | 2008/05/07 16:07

 判形が、まず好いですよねぇ。
 五行歌の個人歌集って、四六とかでは、表現しにくい
 ものだと思います。A4変型、流石だと感じました。
 あとは、手に取らせて頂いてから・・。(微笑)

投稿: ま のすけ | 2008/05/07 11:54

う~ん、流石しづくさん、素敵です!
なんか、和菓子を開けるときのワクワク感に似てますね。上品で美味しそ・・・みたいな。個人歌集ていろいろ出来るんですね。
いやぁ、豪華本ですぅ!

あっ、ホビーショウ、私は出品しません。木曜日に行きます。

投稿: かおる | 2008/05/06 20:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28323/41112255

この記事へのトラックバック一覧です: 髙地清子五行歌集 『雫となって』:

« メイドめがねっこのおすすめ | トップページ | 日本ホビーショー32nd2008 »