« ただの腰痛ではなかった。 | トップページ | 桑野 量 『桜、鳴り響く』 »

2008/05/25

シャッターは下ろされたまま・・・

うーんと、これから書くことが悪口っぽく響かなければいいなと願う。
むずかしいのだけど。
相手がネットをしていないというのがわかってるので書けるズルさを利用してるから。
でも、わたしがいいたいのは、すごく本質的なこと。

昨日は、AQ五行歌会でした。
新しく二人の女性がご参加くださった。
おひとりは、やや熟年女性。以下Sさんと呼ぶ。
おひとりは、おそらく二十代の女性。

AQのほかのメンバーは、30-40代の女性5名と、30代ー60代の男性6名。
わたしたちはどう映ったのかな?

Sさんは、最初から表情が固かった。
最初のプリントを配り、選歌のときも、「なんだかお若い歌が多くてわからないわ。(点とか)つけられない・・・」とおっしゃっていた。点がつけづらいのはわかるので、その方は2首だけ○をつけて提出されたものを、受け取った。

60代のにこやかなOさんが、「わたしも最初場違いなところへ来たな~と思ったんですよ。だけどみんないい方で、もうこの5月で3年目になりました」とおっしゃってくださった。すごくうれしかった。

歌会がはじまり、1首1首、ていねいに感想が交わされ、作者コメントを聞くという時間の中、Sさんの表情を何度盗み見てもすごくつまらなそうにしていた。
歌に関心がないようにみえたのが、とてもかなしかった。
こんなにみんな熱いおもいで、しずしずと差し出される1首1首をちゃんと手にとってみてくれないって、なんてかなしいんだろう。

わたしはSさんの発言を待っていた。ようやく彼女が点をいれた歌のコメントを聞ける。
「よくわからないけど、なんか流れがよかった。ただそれだけです。」とおっしゃった。
歌のコメントは、むずかしい。7年も歌会にでてるわたしでも、いまでもむずかしくてうまく言えない。
正直がっくりきたけど、まあそんなもんかな、と思った。

もう1首のSさんの取ってくれた歌。「流れがよかった。歌の意味はちょっとわかりません」
心の中で、椅子から落ちてた。

Sさんはわたしたちにひとこともあいさつせず、さっさと帰ってしまわれた。
最初にわたしたちを見まわしたときに、すでにSさんのシャッターは下りていたのだ。

わたしたちの歌をちゃんと読んでくれていたんだろうか?
みんなの思いをすくいとろうと少しでも思ってくれなかったんだろうか?
年齢とか、経験とかにこだわらず、心を開いてほしかった。
こんなにいとしい魂たちの歌を、なぜ見てくれないのだろうとかなしかった。

Sさんはもういらっしゃらないだろうな、とおもう。
別の歌会のほうがいいのかもしれない。
年齢は関係ない。
心の開き方だ。

AQの参加者はみんな実年齢を忘れてる人が多いと思う。
そこにこだわってない。
どう感じて、どう表現するか、どう伝えるか。
そんなことを考えているひとたちだ。

表現をするって、そういうことなんじゃないかとおもった。


|

« ただの腰痛ではなかった。 | トップページ | 桑野 量 『桜、鳴り響く』 »

コメント

◇かおるさん
 聞きましたぞー。大変おつかれさまでした。coldsweats01
 そうですね。緊張しているのかなーとか、もしかして耳がちょっと遠い方なのかなーとかあれこれ考えていました。

>その歌会の雰囲気を作るのは一人一人の自覚だと思います。

この男前なレスに、ほれぼれです。shine
いつもありがとう。

◇ま のすけさん
 さすが、ま のすけさん。声をかけてくださっていたのですね。
 激流かぁ。たしかに激しい一面もありますからね。gawk
 翌日、お電話をいただいてちょっとお話しました。
 AQが合わなくても、他にもいろんな歌会があるので、落ち着いて参加できる場所はきっとあると思います。
  
 

投稿: しづく | 2008/05/27 07:44

 ひょっとしたら、ご自身をさらけ出すのが恐かったのかなぁ。
 休憩時に、「お茶淹れましょうか?」と声を掛けたのですが、
 「あっ、自分のことは自分でしますから」と・・。

 ひょっとしたら、講座を主軸としてきた彼女にとっては、
 AQは、激流の様にも映っていたのかも知れないなぁとも。
 これからも、ご本人なりの距離感で、ずっと五行歌と触れて
 いて頂けたらなぁと思っていますが…。

投稿: ま のすけ | 2008/05/26 19:44

私も感じるところが、いろいろあります・・・歌会は馴れ馴れしくなってもいけないし、緊張ばかりでも疲れます。その歌会の雰囲気を作るのは一人一人の自覚だと思います。

初めてで、緊張されているのかと思いました。私達がSさんを理解するきっかけさえも、与えてもらえなかったのが淋しかったです。せっかく同じ時間を共有しながら、もったいない話です。  

「AQの参加者はみんな実年齢を忘れてる人が多いと思う。
そこにこだわってない。
どう感じて、どう表現するか、どう伝えるか。
そんなことを考えているひとたちだ。

表現をするって、そういうことなんじゃないかとおもった。」

この言葉、大いに私も思う。
だから、よけい淋しいんだと思う。色んな人がいて、感じ方も違うし、SさんはSさんなりの考えがあったと思うけど、せめて、少しは隙間がほしかったね。

この日は、いろいろ他でも神経がいるようなことがあって考える一日でした。(Jちゃんに聞いて)でも、だから人が集まることに意味があるんだし、あたしなんか楽しんじゃえ、とまで思いました。

投稿: かおる | 2008/05/26 11:36

◇愛子さん
 わかってくれてありがとうです。怒ったっていうより、さびしくてかなしかったです。
 自分に何が足りなかったのか、あれこれ想像しているんですが、なんだか疲れちゃった。最後まですれ違ってしまった感じでした。こんなこともあるんですね・・・。

投稿: しづく | 2008/05/25 21:40

よくわかった。
歌は、魂のつぶやきなんだ。
それを無視した行動をされるとかなしくなるね。
しづくさんが、こんな風に怒ってくれて、うれしいです。胸のつかえが取れて行きます。

投稿: 愛子 | 2008/05/25 15:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28323/41310324

この記事へのトラックバック一覧です: シャッターは下ろされたまま・・・:

« ただの腰痛ではなかった。 | トップページ | 桑野 量 『桜、鳴り響く』 »