« 読書ノート:2月まとめ | トップページ | 鹿の目から始まるしびれる瞳について »

2008/03/02

夢からのお告げにて

このところ、どうしようかなと思っていたことがあった。
母の入院をきっかけに、お休みしていたパソボラ。その後、生徒さんが少なくなり、パソコン教室そのものもお休みになっていた。2月になって、「パソコンを習いたい」という(視覚障害者の)方が二名いて、再開されたと聞いたのだ。

両親のこと、自分の体調のこと、ボランティアのこと、いろんなことが自分の中で未消化で、やっていく自信がいまひとつ持てなかった。月に一回とはいえ、もし引き受けたら責任がともなう。それを続けられるんだろうかと。

そんなとき、夢を見た。

道を歩いていたら、白杖をもった人が歩いていて、困ってそうにみえた。わたしは声をかけて、途中までご一緒しましょうと左ひじを持った。橋のようなところを渡り、あとはまっすぐの障害のない道に出たので、「ではここで」とその方と別れた。
もときた道を戻る途中、今度は、車道に白杖を持ってしゃがみこんでいる人を見つけた。
またまた声をかけて、さっき渡った橋をもう一度戻ることになる。
わたしは、「ありゃりゃ、またこの長い橋を渡るのかー。なんかめんどうだなー。でもしょがないしなー」と結局、橋を渡った。そこで目が覚めた。

そっか。理屈とかなんとかいらないんだ。困ってる人がいたら、声をかけたいっていう気持ちが私の中にあるんだったら、そのとおりに動くだけだ。
たいしたことはできないけど、たまにでも顔を出して、目の代わりになるだけでもいいのかな、と思えた。
3月1日に、久しぶりに教室へ行ってみた。このときは、生徒さんはきてなかったのだけど、スタッフの方とお話しして、できる範囲で来てくれたらうれしいと言ってもらえた。
新しいメンバーは小学生もいるらしいので、会えるのが楽しみになってきた。スタッフの人たちのやさしさにふれながら、自分の心も温めてもらえた。

|

« 読書ノート:2月まとめ | トップページ | 鹿の目から始まるしびれる瞳について »

コメント

◇グランさま
 いやまぁ、月に一回なんですけどね。
 私自身、PCから受けた恩恵がたくさんあるので、視覚障害の方も役に立つんじゃないか、と思ったのがきっかけでした。ぼちぼちやります。

◇柚月くん
 一度やり始めたことは、けっこう長く続けるタイプなのよ。無理しないでできる環境なうちにできることなら、と思います。^^

投稿: しづく | 2008/03/08 15:38

わー、まさに夢のお告げだね。
しづくを待ってる人がいるのね。
そしてしづくも再開の日を待ってたのかも。
無理せず頑張ってね♪

投稿: 柚月 | 2008/03/04 21:46

いろいろなことをされているんですね。

良い刺激になります。

投稿: グラン | 2008/03/04 00:44

◇アミティエのあみちゃん 様
 はじめまして。コメントありがとうございます。
 わたしもたいがいマン・ツー・マンになります。
 音声ソフトを使っています。それでも1時間も一緒にやってるとのどがカラカラに。wobbly

 あみさんのサイトも拝見させていただきました。
 平日お仕事をしながら、土日に教室とはすごいです。いろいろ参考にさせていただきたいと思います。
 ありがとうございました。happy01

投稿: しづく | 2008/03/03 09:00

はじめまして
視覚障害者の方にパソコンの指導をされているのでしょうか?

私もパソコン教室で、たくさんの方に授業していて
視覚障害者の方にも授業をしています。

最初はPCトーカーなどを使っていましたが
最近は、まったくふつうのパソコンでやっています。

時間があれば、私がマンツーマンで
そうじゃなければ、ガイドヘルパーの方が
パソコンの画面を見て、打たれた文字を
読んであげるだけで、パソコンを学ぶことができますよね

それだと、楽しいタイピングソフトもOK
私は、ココルの森のフィーナとねこみみタイパーがお気に入り

ひとことでいって、心と心のふれあいですよね
お互いがんばりましょう

投稿: アミティエのあみちゃん | 2008/03/02 23:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28323/40347733

この記事へのトラックバック一覧です: 夢からのお告げにて:

« 読書ノート:2月まとめ | トップページ | 鹿の目から始まるしびれる瞳について »