« 悠木すみれ五行歌集 『花冠』 | トップページ | 読書ノート『東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~』 »

2007/12/02

読書ノート『しゃばけ』

あーワールドカップバレーで、スーパーエース山本さんが復活してるー。
うー。成り行きを見つつ。

家人推薦本にて、ちょうど畠中恵『しゃばけ』を読み終わったところだった。
日本ファンタジーノベル大賞優秀賞受賞作。
フジテレビでドラマもやっていて、二重に楽しめた。

江戸の大店の一人息子、一太郎は体が弱くてつねに妖(あやかし)に見守られている。
あるとき夜遅く帰宅したときに、人殺しを目撃、危うく襲われそうになる。
殺されたのは大工だったが、そこから薬種屋が襲われ殺される事件に巻き込まれる。

昔話風の語り口、軽妙な会話、テンポのよさ、おもしろくストーリーにどんどんひきこまれた。
これはシリーズになっているらしいので、他のもおもしろそう。
闇が闇としてあり、人と妖が共存していたお話の世界に、ただただどっぷりたゆたえばいい。

新潮社のしゃばけ倶楽部イラスト満載の楽しいサイトです。

|

« 悠木すみれ五行歌集 『花冠』 | トップページ | 読書ノート『東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28323/17256160

この記事へのトラックバック一覧です: 読書ノート『しゃばけ』:

« 悠木すみれ五行歌集 『花冠』 | トップページ | 読書ノート『東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~』 »