« 読書ノート 『編集者という病い』 | トップページ | 悠木すみれ五行歌集 『花冠』 »

2007/11/28

映画「クワイエットルームへようこそ」

口コミや、ネットのレビューも評判がよさそうなので、見に行ってみたいと思っていた。
特に松尾スズキが好きとかじゃなく、単に興味があるレベルで。

これ、上映している映画館が少ない気が。。。
なんとか時間を作って、歌舞伎町の新宿ジョイシネマへ行ってきました。
レディスデイだったけど、すいてました・・・。
原作は未読。(内容にちょっとだけ触れてるので、ご注意ください)

フリーライターの明日香が目覚めたのが、クワイエットルーム(女子専用閉鎖病棟保護室)だった・・・。
(あらすじはネットで見てね<手抜き)

キャストは豪華&演技もみんなよかった。
だめだめなのに、どこか優しくて憎めない鉄雄(クドカン)、抜群の目力拒食症のミキ(蒼井優)、過食症のこわれっぷりがさすがの西野(大竹しのぶ)。
他のナースのりょうとか、平岩紙とか、脇役も全部よい。
鉄雄と明日香の住む、部屋のインテリアがすてき。

うーん。でもストーリーが・・・・。
相性なのか、率直に言えばいまひとつよくわからなかった。
(松尾スズキをよく理解してないことも原因なんだろう。あくまで、映画の一本としか観てない)

前半はコネタで笑わせられ、後半は、シリアスな事情がだんだんわかってきて怖くなってくる。
場所が場所だけに、笑ってくれるなら、最後まで笑い飛ばしてくれると自分の中で納得できたのだけど・・・。
後半の冷たさを中和させるためだけに、前半の笑いがあるのかなぁ。
心の病に苦しむひとというのは、こんなに明るいのかなー、もっと違ってるんじゃないかなってどうしても思えて、なんか楽しめなかった。

明日香も、一種PTSDだと思うが、なぜ立ち直れたのかよくわからなかった。
内田有紀は(演技者として)すごくがんばっていたと思うけど、主人公の性格が支離滅裂で、お金も住むところもないのに、なんであんなかっこよく別れられるのか不思議。
最後になって、いままでの過去のダーティーな布石をぜんぶひっくり返して、妙に健康にさわやかになっちゃうのはなぜ? 
他の配役の人たちは全部腑に落ちるのに、主人公だけが腑に落ちなかったのでわけわかんないグレーな後味になったんだろう。
最後の救急車で舞い戻る、幸せそうに退院した栗田のループが、未来の明日香の暗示なのだとしたら、まるでホラー映画だ。救いのないループ。今の笑顔がネガに反転する。
これが笑顔のまま受け取れというなら、「わたしはあの人と違う」という冷たさが刺さる。

全然物語とは関係ないけど、箕輪はるか(ハリセンボン)の存在感ってすごいな。
この人は女優になったほうがいいんじゃないか。
上目遣いで、ニッと笑っただけで世界ができる。
すごい。
俵万智としりあがり寿は、どこに出てるかぜんぜんわからなかった。
ま、いいんだけど。

見終わってロビーにでたら、出演者が映画の中で着ていた服や、小物、手紙とか、似顔絵、色紙、銀のローファーなどが展示してあって、得しました。
どこで見ようか迷っていたら、新宿ジョイシネマは、展示が見られていいかもです。

|

« 読書ノート 『編集者という病い』 | トップページ | 悠木すみれ五行歌集 『花冠』 »

コメント

◇OKさま
 OKさんの解説なるほどと読ませていただきました。
 「さよならだけが人生だ」とすんなりうけとめればよかったんですね。後半シリアスになったので、まじめに見すぎたかもしれません。
 サエさんのありえない完食とか、色紙の寄せ書きとか不自然なエピソードにあれこれもやもやが貯まって、最後の笑顔もなんだか捻じ曲がって受け止めちゃったんですね。群像劇という全体をみる視点に欠けていたのかと思い至りました。

 健康的に見える人の「ビョーキ性」は日常でも感じます。
自分自身もおかしいよ、とよく思いますしねー。
それだけに、ある方向には意識して傾かないようにしてますね。言い方(書き方)がむずかしいですが、傾いたらちょっと直すみたいな調整はしないといけないと思います。

 歌舞伎町、新宿ではあそこしかやってなかったもので、普段でしたら行かないですけどね。さすがに昼間でもさくら通りは避けて通りました。(^^;;;

投稿: しづく | 2007/12/01 22:41

まず最初に、この映画を観てくれてありがとうです。

いまひとつよく分からなかったというのは
松尾スズキにハマッテいないからではないと思います。
明日香は、僕かもしれないし、しづくさんかもしれないと思いながら
僕はこの映画を観ていました。

それから、タイトルの『クワイエットルームにようこそ』ですが
むしろ『クワイエットルームにさよならを』と解釈したほうが
エンディングが分かりやすいと思いました。
そこをあえて先住者側に立った「ようこそ」にするところが
松尾スズキのセンスのよいところではないのでしょうか。

おっしゃるように、金もないのに、いいヤツである同棲者と別れたり
おだやかな笑顔での終わり方に、「どういう性格してんだ」というような
疑問を持たれたようですが、そこまでリアリティを求めなくても
一種の群像劇として捉えれば、明日香のようなキャラの人物がいてもいい
と僕は思いました。「さよならからの出発」なんです。

この話は、精神病患者と病気ではない同棲者たちに一応分けられていますけど
おそらく作者は病気でない人たちも病人だという捉え方をしているのでしょう。
あるいは、健康である鉄雄やコモノたちのようなオモシロイ人間たちと
明日香のようなメンドクサクてウザイ人間とを交錯させることにより
健康な人間のビョーキ性をも炙り出していたと思います。

彼女が「おまえはウザイと言ってほしい」と言い、「そう言ってくれたら
別れてあげる」と言ったことによって、鉄男もビョーキから救われたのだと
僕は解釈しました。彼女は涙が出るほどの健気さで身辺整理をしたのです。

おそらく明日香は、二度と病院に戻ることはないと思わせてもらえましたけれどね。
あのおだやかな笑顔は、古い引用をすると「月に村雲、花に風、さよならだけが人生だ」
の松尾スズキ&内田有紀バージョンだと思ったくらいです。
要は、人は一人では生きられない。でも、一人で生きるしかない。
ということなのではないのでしょうか。僕には気持ちよく泣ける映画でした。

歌舞伎町、怖くなかったですか?僕もジョイシネマ1で観ていたんですけれど。
長くなりました。何かの足しになればと思ってカキコミました。
最終的な解釈は人それぞれだと思いますが、同じ映画を観られて嬉しいです。

投稿: OK | 2007/11/30 20:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28323/17214423

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「クワイエットルームへようこそ」:

« 読書ノート 『編集者という病い』 | トップページ | 悠木すみれ五行歌集 『花冠』 »