« 読書ノート『本当はちがうんだ日記』 | トップページ | いってきます。 »

2007/08/25

読書ノート 『風が強く吹いている』

三浦しをん著 『風が強く吹いている』

直木賞をとった直後の書き下ろし小説とか。
それにしても、「三浦をしん」でまちがえて検索したらぞろぞろでるでる。「しをん」さんですよ。
みんな同じ間違えするのね。くはっ。

はここ2日でまだ半分しか読んでないけど、(※昨晩午前2時までかかって完読済み)ちょうど朝世界陸上のマラソンなんか見ちゃったりして、走るための生き物を見て。くわーっと!!
べたな青春小説って分野かもしれないけど、いちいち言葉がいい!
突然箱根駅伝をめざすことになった、ぼろアパートの10人の奮闘。体の変化、心の変化がなめらかに描かれていて、泣ける。

「走」
と呼んだ。走は正座したまま、枕に頭を載せている清瀬にすこし近づいた。
「長距離選手に対する、一番の褒め言葉がなにかわかるか」
「速い、ですか?」
「いいや。『強い』だよ」

一度でも真剣に走ったことがあるなら。
一度でも走りながらきもちいいなーと思ったことがあるなら。
走りじゃなくても、自分の気力、体力、精神力の限界まで戦ったことがあるなら。

揺さぶられて揺さぶられて。

いますぐ外へ走り出したい。
ハイジさんのドテラ自転車、天然双子の笑顔、ムサの敬語に全裸握手、ユキの下半身筋肉、王子のアイドル顔、ニコチャンの骨太、キングにたたかれるテッシュ箱、神童のダブルマスク、藤岡の語り、走(かける)の咆哮。
頭の中を流れてく。

そんな熱い人はきっとこの小説がめちゃくちゃ好きだろう。

そんでもって、この表紙の装丁が極上!
映画のコンテみたい。
映像化したらこんな感じ。いろんなシーンの切り張りが、屏風絵のようにちりばめられて。
雲のかなたには、箱根駅伝のゴールが見える。

タオルを用意して、どうぞ。

|

« 読書ノート『本当はちがうんだ日記』 | トップページ | いってきます。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28323/16230731

この記事へのトラックバック一覧です: 読書ノート 『風が強く吹いている』:

« 読書ノート『本当はちがうんだ日記』 | トップページ | いってきます。 »