« どこまでもころがる妄想 | トップページ | 映画「明日の記憶」 »

2007/07/01

自主トレ山登り

今年の夏休みは、家族で尾瀬へ行くことが決まった。

初めて尾瀬ヶ原をみたときの衝撃。
日本にこんなところがあるんだと思った。
子どもが生まれてから、いつか尾瀬に連れて行きたい、と夫も私もずっと思っていた。
この日本の宝を見せてやりたい。そしていつか大人になって子どもができたら、その子にも伝えてあげてほしい。
あまり小さいと歩けないので、いままでなんとなく機会がなかった。
子どもが大きくなると、こんどはこちらの体力がおぼつかなくなる。

至仏山は2200mくらいあるが、それも登る予定。
なんといっても、山から見晴るかす尾瀬ヶ原が絶景なのだ。
山登りはこのところご無沙汰で、去年日光の鳴虫山に行ってからまったく登ってない。

というわけで、夫と二人で今日は多摩の御嶽へ出かける。
通常は、バスとケーブルカーで上までいってしまうのだが、今回両方使わず全工程を歩くことにする。
駅から頂上まで標高差700mは、至仏山の標高差に近いものとした。
歩き出すと、早くも傾斜がきつく、はあはあになる。
汗だくで、全身から湯気がでて「蒸かしまんじゅう」のようになってる。
曇り空で、気温がそれほど高くなくてよかった。これで高かったら脱水症状になる。

S20070701176
御獄では、都心よりやや季節が遅いのか、都心ではもう枯れてしまったあじさいが花盛り。
藁葺き屋根とあいまって、見事な群生。

S20070701177
御獄神社近く。このきっぱりとした住所がいいね。

S20070701178
帰り道のやや薄暗い山道で、ぎょっ!
熊かとおもったら、木の根っこ。
天然アート。

最後の方は、もうばてばてだったけど、たっぷり汗をかいて、おいしい空気を吸って細胞が生き生きした気がした。
体の中にたまっていた水を全部入れ替えた感じ。
足が痛くて、明日以降さらなる筋肉痛だろうけど、ますます尾瀬が楽しみだ。
まってろよ! 尾瀬ヶ原! (いてて・・・・・)

|

« どこまでもころがる妄想 | トップページ | 映画「明日の記憶」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28323/15619258

この記事へのトラックバック一覧です: 自主トレ山登り:

« どこまでもころがる妄想 | トップページ | 映画「明日の記憶」 »