« 今夜、会いにいきます。 | トップページ | 『五行歌秀歌集1』 前半 »

2006/09/01

僕と君の全てをロックンロールと呼べ

とうとう行ってきました。サンボマスターライブ。
ちょうどツアーもファイナルということで、山口さんたちも完全燃焼してくれました!

会場には汐留からゆりかもめで行きました。
汐留の「明日の神話」の公開もラストだったんで、じっくり2Fのカフェから眺めてベーグルで腹ごしらえ。
途中地震もあって、ゆりかもめが止まったらどうしよう・・・と思ったら無事動いていてほっとしました。
ゆりかもめからの、景色はなかなかよくて、前の方では外国人旅行者が写真をとりまくってました。

「青海」駅で降りて、ZeppTokyoは青海駅直結、と聞いていたのですが、どこかわからず・・・。
結局インフォメーションのおねえさんに聞いて、車の展示場の裏とわかりはやるこころを抑えつつ向かいました。

入り口には人があふれていて、整理番号順での入場。わたしは225番だったのでついたらわりとすぐ入れました。前の方はけっこうまだ余裕があったんですが、さすがに前線はつぶされるだろうと予想して、3番目くらいのバーのところに陣取りました。それでもまだ40分前です。ちょっと体力温存のため、耳栓して座ってました。
10分前から立ち上がって、二度と座ることはありませんでした。

ドラムスかなー。ビートが大音響でドカンドカンと打ち始めると、心臓が同じリズムで飛び出しそうになってあせった。心臓悪い人は、危ない・・・。とりあえず、耳栓を調整しながら、慣れてきたころははずした。
背がちっちやいわたしは、ずーっと縦ジャンプをし続けるハードなものとなったのでした・・・。

大好きな曲にあわせて歌って踊れるしあわせよ。

まわりのみんなも楽しそうに踊ってるのをみるしあわせよ。
山口さんのピースサインでみんながピースを振り上げるのを見るしあわせよ。
山口さんのMCでシーンと波を打つようにしずかになる会場の上品さよ。
すべてが愛すべき時間でした。

今日の筋肉痛さえいとおしい。
ありがとう、サンボマスター!
ありがとう、ライブでともに踊ったみんな。
昨日のあれは、たしかに「ロックンロール」と呼ぶよ。

|

« 今夜、会いにいきます。 | トップページ | 『五行歌秀歌集1』 前半 »

コメント

◇eQさま

>ロックドラマーのはしくれ

おお! eQさんというとギターというイメージがあったんですが、ドラムも打つのですか! いろんな才能あるなぁ。
次は、娘とポルノグラフィティのライブへいきたいなぁと思ってます。サンボのライブで、まだまだいけるぞ! と自信がついたもんで。えへへ。

投稿: しづく | 2006/09/05 22:20

そーですか。ジャンプ! ジャンプ! でしたか。あー最近ロックからとおざかってるなー。
 音楽。自分の生命が弾ける音楽。ドーンと打つシンバル、かっとびバイクのように響くベースのスライド音。急降下するジェットコースターのように身体ごととんがっちゃうギターのチョーキング。そしてマシンガンのように撃ちまくる歌詞。
 私もしづくさんの隣で飛び跳ねてるような気分を、ひととき感じさせていただきました。
 かくいう私もロックドラマーのはしくれ。まだまだ老いぼれちゃいられねー。オレも叫ぶぜ! ラヴ&ピース!!

投稿: eQ | 2006/09/04 20:15

◇あんどうさま
 ようこそ! 首の調子はいかがでしょうか?
 そうなんですよ。あんな無骨な形で「愛と平和」を訴えるロックンローラーの出現は久しぶりなのです。
 なんだかこぎれいな美形アーチスト(いやそれも好きだけど)が多い中、稀有な存在感です。
 若者たちにまぎれて、ピースをふりあげてきました。
 彼らに、平和のこころが沁みこみます様に、ひそかにおねーさん(私ね)は祈ってました。

◇かおるさま
 お会いできてよかった!
 だって、一人で聞くのもさびしいじゃん!
 さりげなく冊子をわたしたちにも見えるように傾けてくれるやさしいかおるさん!
 入賞おめでとうございます♪ みつあみのうた、好きでした。
 あとあとは、わたしも時間がなくてジャズは残念ながら聴けませんでした。ドアマン・・・お仕事なのかしら。お疲れ様です。

投稿: しづく | 2006/09/03 09:40

今日は筋肉痛の中、お世話様でした。もっとお話したかったのですが、用事があってすぐに帰りました。
あのあとジャズだったのですね。しづくさんはロック!私はあしたクラシックの音楽のドアマン(開けたり、閉めたりする)します。
できれば私も、ビートにのる音楽のがいいなぁ・・・

投稿: かおる | 2006/09/02 22:17

こんにちは。

「愛と平和」と合唱をするどころか、
今まで口にしたこともありませんでした。
さすがサンボとしきりに関心です。

投稿: あんどう | 2006/09/02 03:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28323/11721318

この記事へのトラックバック一覧です: 僕と君の全てをロックンロールと呼べ:

« 今夜、会いにいきます。 | トップページ | 『五行歌秀歌集1』 前半 »