« お買い物 | トップページ | 国際啄木学会 連続講演聴講メモ »

2006/09/10

国際啄木学会

9月9日(土)に国際啄木学会東京大会へ行った。
午後の連続講演から拝聴したが、大変おもしろいものだった。(後日追記予定)

そして夕方からは、われらが草壁主宰の講演、「意識人・啄木」。
その啄木に対する愛情と、知識の広さ、奥深さ、多面的な捉え方が、まさに紹介にあったとおり、「世界一」かもと思った。 (※連続講演は30分という短時間の枠内の中での組み立てなので、啄木の短歌作品中心に、比較的狭い細かいところのお話だった。)

先生は、書簡、日記、新聞記事、小説、ありとあらゆるものを残した啄木の軌跡を全部知っていて、その価値を見抜いて、しかもそれをずばりと人に伝えることができるからだ。それもユーモアを交えてだ。
草壁先生のことを、大変誇りに思った一日だった。

|

« お買い物 | トップページ | 国際啄木学会 連続講演聴講メモ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28323/11851348

この記事へのトラックバック一覧です: 国際啄木学会:

« お買い物 | トップページ | 国際啄木学会 連続講演聴講メモ »