« ザ・プロフェッショナル道路案内人 | トップページ | ディスプレイ写真再録 »

2006/06/28

道端のディスプレイ

ディスプレイといっても、PCのモニターではない。
飾りっていうか、デコレーションっていうか。

いつも通る道に、ちいさな10cmくらいのカラータイルを並べている2階建てアパート?がある。
そのタイルはある日突然並べられた。
何かを乾かしてるのか、と思っていたが、何日経っても雨の日もそこにある。

「ああ、これは飾りのつもりなのかな」と理解していた。

今日通ってみたら、タイル一枚一枚に、ワープロで漢字のシールがつけられていて、そのほかにも飾りが増えていた。
Pht06281650

「Japan Blue ・・・」 (サッカーの応援らしい)
よくみると、青いものがいろいろ飾ってある。
手作りの小さなツリーみたいなものもある。

壁にワープロで印刷された細長い紙のようなものも、何枚か貼ってある。
「今日も雨だけど、明日は晴れる」・・・(梅雨のいやな季節を乗り切ろうと励ましている?)

携帯で撮ったのであまりよくみえなくて残念。
そこには、なんか小さな願いがディスプレイされていたのだ。
なんかお墓みたいでもあり、祭壇みたいでもあり、不思議な空間だった。

作った人はどんな人なんだろう。
ちょっと変わった人かもね。
でもこのディスプレイを作ってしまう衝動はなんかアーチストっぽいな。
ここから、生まれるものもきっとある。

どんなところからでも、いつでも、だれでも。
表現が遠くへ届くことがある。
そこから生まれるものが、きっとあるんだろう。

そういう連鎖の中に、いるのもおもしろいことだ。
人間、やりたいことはやるべきだ。
人に迷惑をかけずに、自分で責任を持てるなら。

人生は短く、芸術はながい。          ヒポクラテス

|

« ザ・プロフェッショナル道路案内人 | トップページ | ディスプレイ写真再録 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28323/10712329

この記事へのトラックバック一覧です: 道端のディスプレイ:

« ザ・プロフェッショナル道路案内人 | トップページ | ディスプレイ写真再録 »