« 電気用品安全法(電安法) | トップページ | 追悼 絵門ゆう子さん »

2006/03/29

アムリタ

最低でも毎日寝る前の30分は本を読んでいる。
そのときの読みたいものを本棚からセレクトしてる。
最近は、吉本ばななを読み返している。

昨日の読書『アムリタ』

 以前友だちが、「自分はスポンジ体質なところがある」と言っていた。
 いろんなものを、よくも悪くも吸収しやすいと。
 自分も自分自身に対して、同じことを感じていたので、深くうなづいた。

 美しいおいしい水で満たされたとき、スポンジは生き生きと潤う。
 汚れた水を吸い込めば、スポンジは汚れる。
 そうやって吸ったり吐いたりを繰り返しながら、スポンジ人生は続く。
 (もちろん、スポンジの前に、フィルターがあり、スポンジの後ろには本体があるのだ。)

 このところ、わたしのスポンジが飽和状態だ。吸うことも吐くこともできない。あったはずのフィルターもどっかへすっとんだらしい。

 どうすればいいのか。
 まずは目詰まりをなくすこと。
 それは吐き出すこと。

 イメージトレーニング。
 水を飲めることに感謝すること。
 光を信じること。
 自分の周りにある、暖かいまなざしを信じること。(ありがとう)
 「アムリタ」の再生のものがたりから、水が流れる音が聞こえてきている。

|

« 電気用品安全法(電安法) | トップページ | 追悼 絵門ゆう子さん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28323/9316525

この記事へのトラックバック一覧です: アムリタ:

« 電気用品安全法(電安法) | トップページ | 追悼 絵門ゆう子さん »