« 「無名の人々の光を歌にしてください」 | トップページ | 新年はドカーンと »

2005/12/30

雪 * 雪 * 雪 * 

部活でなかなかお休みがとれない娘の都合に合わせ、1泊雪見温泉旅行へ行ってきた。
29日に出かけ、今日の午後には自宅に。
水上方面である。

ここがまあ、雪、雪、雪。

天気予報で積雪量を見聞きしていたが、それを実際に目の当たりにするとものすごいものがあった。

ぜんぶが砂糖菓子でできてるみたいなのだ。
雪はまるみをおびて降り積もる。
それがちょうど生クリームやアイスクリームをこってり盛り付けた状態に似ている。

あらゆるものが雪のクリームてんこもり。
自分がジオラマの中の小人になった気持ちがした。

雪国の人が雪を知らない人と考え方が違うだろうことも、体感した。
自然の力、雪の体積というのはものすごい迫力で恐ろしくもある。
絶大な力であり、美でもある。

そう。うつくしい、ではなく、美。

それでもたまに雪をみるのんきなわたしたちは、雪にぱふっと倒れてみたり、足あとをつけて遊んだりした。
でもどこかで、自分の中にあったいままでの雪に対して持っていた意識が、変わったような気がした。
雪の、ほんとうの姿を見たような気がした。

|

« 「無名の人々の光を歌にしてください」 | トップページ | 新年はドカーンと »

コメント

◇詩乃さま
 雪景色をみながら、詩乃さんを思い出してましたよ。
 本州が「お伽の街」ですかー。
 わたしは、「これはジオラマだ。ジオラマだ。」とずーと頭で騒いでました。全体を俯瞰できる感じがそっくりなんですよ。
 人工的なもの(家とか橋とか)がめちゃくちゃちっちゃい。
 
 雪のかまくらは暖かいと聞いたことがあります。
 音も吸収して静かな感じしますね。

 いまここ北関東は、雪はないですが、やっぱり空が大きくて遠くに山が見えます。建物も2階建てくらいのものしかなくて、ひろびろしてます。あした東京へ帰ります。

◇史さま
 あけましておめでとうございます。
 本年もよろしくお願いします。
 そうですね。多くの大人は電車が止まったり寒かったりで、雪は嫌われ者なのかなー。
 でもどこか、お金でも解決できない自然の力を感じてるくらいのほうが、まっとうな感じがします。
 きょうは、雪だからしょうがないよねーって譲り合ったり、がまんする心っていうか。

 自分はまだ雪ってうれしんですよねー。<いくつじゃ!
 誰も踏み入れてない雪のつもったところは、わくわくします。
 温泉もよかったよー♪

投稿: しづく | 2006/01/03 17:59

あけましておめでとうございます♪

東京みたいな雪のめったに降らないところに住む者にとって
雪はめんどうくさいもの、枷なんじゃないかと思う(子供は別ね)。

詩乃さんの書かれていた「こじんまりと感じる」「雪の温み」という言葉に
痛切に感じてしまいました。

ちょっと降っただけで大変なことになるじゃないですか。
もう雪に支配されまくりで。

雪と共存することができないからでしょう。

雪への意識がかわったなんて、素敵な体験ですね。
っちゅことで一首☆お待ちしています^^

遅れましたが今年もよろしくお願い致します。
(あ~温泉行きたい~ーー;)

投稿: 史 | 2006/01/01 16:47

こちらでは、はじめまして。
雪についての記述があったので誘われてしまいました。

旅行などで本州に行くと、道や景観を含め
こじんまりと感じます。
私的にはそこに「お伽の街」を感じて楽しいんですが
で、改めて自分の住んでいる場所の大きさを実感したりするわけです。

雪は・・・暖かいですよ。
雪害ともいいますが雪の温みで冬を越えられるのだと
思っています。

投稿: 詩乃 | 2006/01/01 12:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28323/7909699

この記事へのトラックバック一覧です: 雪 * 雪 * 雪 * :

« 「無名の人々の光を歌にしてください」 | トップページ | 新年はドカーンと »