« しづくの本棚へ追加 | トップページ | 創作に関するノート »

2005/08/24

『君たちはどう生きるか』

このところ毎日ちびちびと味わいながら読んでいる本。
わたしの持ってるのは、岩波文庫。吉野源三郎著『君たちはどう生きるか』
最初に書かれたのは、1937年という。
でも書かれていることは永遠に色あせない。

中学生のコペル君のエピソードとそれに対する叔父さんの「おじさんのノート」という考察。
この対話の感じは、「ソフィーの世界」に似てる。いや、もちろんこっちが先だ。
哲学はいつも対話からはじまる。

こういう本を読んでいると、あれこれ手をだしても、本当に全身がしびれるように打たれるのは結局「哲学」ではないかと思う。
映画にせよ、マンガ、アート、音楽、あらゆる創作物は、哲学に帰結するとさえ思う。
哲学を感じさせない作品は、なんとなく物足りない。
もともと論理的にうつくしいものが好きだ。
雰囲気だけで逃げるのはずるいと思う。

本にはめぐり合わせがある。
読むべきときに出会う本がある。
この本は、娘に、子どもたちに与えたい。
一生の宝物になる一冊だろう。

|

« しづくの本棚へ追加 | トップページ | 創作に関するノート »

コメント

◇あつこさま
 おお、さすがでございます。
 ご紹介の『千曲川』は知りませんでした。
 機会があったら探して見ますね。(^^)
夏の疲れ、終わりの方ででますよね? <いまかも
 ぼちぼちいきます。
 書き込み、うれしかったです。(*^^*)

投稿: しづく | 2005/08/29 22:26

数年前に読んだ小宮山量平さんの『千曲川』に
『君たちはどう生きるか』が絶賛されていたので
読んだことがあります。

『千曲川』も『君たちはどう生きるか』も
わたしにとって心躍る本でした。
真実は決して「色あせない」のですね。

しづくさんもお好きと知り、嬉しくなって
書き込みさせてもらいました。
暑さが和らいできましたね。
夏の疲れが出ませんように。

投稿: あつこ | 2005/08/28 07:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28323/5620000

この記事へのトラックバック一覧です: 『君たちはどう生きるか』:

« しづくの本棚へ追加 | トップページ | 創作に関するノート »