« 創作に関するノート | トップページ | うつくしきマーブル模様のために »

2005/08/31

創作に関するノート(その2)

歌を詠んだり、ほかの方の作品を深く読み取れるようになるには、どうしたらいいのか、いったい何が必要なのか、という疑問は誰しも、考えることだろう。
「量をこなす」
先生のおっしゃる「古典を学べ」も含めて、ひとつはこれではないか。
あれこれ考えているが、まだ結論はでない。

「コレだ!」と歌ができるときって、奇跡じゃないかと思うことがある。
いろんな偶然からこの歌は成り立ってると。
ちょっとした言葉の組み合わせに過ぎない、五行の歌が、予想もつかない展開や響きを生み出すことを。

では、その歌は、どうやって生み出したのだろうか?
話をわかりやすくするため、例をあげてみる。

---------------------

  鳴 亀 ふ と い  
  く   り き つ  
      し お も  
      ぼ り は  
      る   だ  
し     よ   ま  
づ     う   っ  
く     に   て  
             
             

---------------------

1)わたしは亀を飼っている
2)世話をしている間に、亀が鳴くことに気がついた

この2つの事実からある日抽象が導き出されて、ぴたっと重なった気がしたとき、この歌が舞い降りた。
できた後、ほとんど推敲も必要としなかった。
次にもこんな歌ができるか、と問われたら、「わからない」

この感覚は、突然舞い降りるから、予想ができず、いつも小さいノートを持ち歩くはめになる。
技術を使ったとしたら、仕上げの段階だ。
技術に関しては、本や実作から多くを学べるだろう。
でも舞い降りる「芯」の部分を生む技術は、わたしにはない。

  ◇ ◇ ◇

そもそもわたしは、ひとつのことを理解するのに、数日、あるいは何年もかかる。
(家人いわく、ふだんのわたしはよく「のんきだねー」と言われる。)

それは山の上のほうで降った雨が、山の内部の地層を何層もくぐりぬけて、やっとどこからか湧き水となってでてくるのに似てる。
そうだとしたら、わたしにできることは、「雨」を求めること。
よりよい湧き水のために、豊かな土壌をつくり、層を重ねることかと思う。

ここでいう「雨」は、知的好奇心。
本、音楽、アート、映画、人との会話、TV、インターネット、etc・・・
「地層」は、まいにちの暮らし。
よく学び、よく考え、働き、遊び、ご飯をつくって食べること。
そういうすべてが、ウタの土台へつながってるように思える。
そう考えたら、ちっとも奇跡なんかじゃないんだ。

|

« 創作に関するノート | トップページ | うつくしきマーブル模様のために »

コメント

◇蓮さま
 コメントありがとうございました。
 共感していただけてうれしいです。
 きっとわたしみたいじゃないウタの生まれ方を持ってる方もいろいろたくさんいらっしゃると思いますが、わたしは鈍くさくこんな感じという話でした。(*^^*)

 わたしも(きっと皆も)蓮さんがAQに加わってくださってうれしく思っております。蓮さんのお歌の魅力は、「健やかさ」。それがとても気持ちよいです。
 またAQでお会いしましょう。

投稿: しづく | 2005/09/03 22:16

 しづくさん、こんにちは。 
 創作に関するノート1・2に感謝です。
わかっているようでわかっていなかった部分の、霧が晴れました。
雨と地層、本当にその通りですね。

 しづくさんが「舞い降りる」という感覚を私は「突き抜ける」と
呼んでいましたが、確かにその芯は技術では生めないもの。
雨を求め、一日一日とそれを生きている自分をいとおしみながら
地層を重ねていきたいな♪と思いました。

 AQの皆様と出会ってまだ3ヶ月。でも、こういう大切な事を飾らず、鎧うことなく話し合える方達と出会えたことを嬉しく思って
います。


投稿: 蓮 | 2005/09/03 16:27

◇いなだっちさま
 いなだっちさんにこのテーマでコメントいただけるの、なんかすごくうれしいです。(*^^*)ありがとうございました。
 まるでよしもとばななのようなコメントだと思いました。

投稿: しづく | 2005/09/01 23:17

雨と地層のくだりが、とても共感しました。
その結論が「奇跡なんかじゃないんだ」というところも。

投稿: いなだっち | 2005/09/01 08:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28323/5717921

この記事へのトラックバック一覧です: 創作に関するノート(その2):

« 創作に関するノート | トップページ | うつくしきマーブル模様のために »