« 「I don't apologize.」~ヒロシマ | トップページ | お帰りなさい、野口さん。 »

2005/08/06

住吉神社 本祭り

東京都中央区佃1丁目にある、住吉神社。
今年は本祭り。4年に1回。ネットで見たら3年に一回とある。4年に一回は深川だった。あれ?

今日はひさびさに娘をつれてこの地を訪れた。
小学校からの友だちが佃の家に(お祭りで)帰る、と聞いたので、ついでに会う約束をした。
月島駅を降りると、もうはっぴを着た人たちでいっぱいだ。

わたしの住んでいたあたりは、高層マンションへと変貌していた。
マンションに建て変わってからは、初めてきた。
確かめたくなかったというのもある。

住吉さんへ歩いていくと、ちょうど新佃の神輿に追いついた。
自分は新佃だったので、ちょっと感激。
住吉神社につくと、ちょうど八角(八角神輿)が外にだされて飾りをつけているところだった。
おそらく今晩、「御霊移し」(おみこしに神様をうつす儀式)をするのだろう。

おまいりをして、娘にカキ氷を買って、幟旗や、獅子頭をみせる。

その後友だち宅へいき、スイカやお菓子をごちそうになりながらちょっと話す。
友だちのうちは、お客さんがいれかわり立ち代りきてるようで、3人姉妹が全員家族総出できている。
子どもだけで6人!
にぎやかにぎやか。
長テーブルに雑然といろんなものが載っていて、子どもが走り回っている。
なつかしくて、なつかしくてじんわりしてしまう。
わたしは、こんなところから、今までどれだけ遠くへ行ってたんだろう。

そのあと、友だちとベビーカーと、ベビーカーを押す子と、歩いてついてくる子、6人で月島方面へ散歩する。
ひとつひとつの商店をみながら、多くはもんじゃやに変わってるけど、なつかしい店もあり、いちいち確認していく。
途中で友だちと別れ、せっかくだからと娘ともんじゃやへ寄る。

もんじゃはなんだかあれこれはいった食べ物になっていた。
子どものころから大好きだった、そばもん(そばもんじゃ)と、豚肉入のを頼んで焼いて食べた。
(焼くのは昔とった杵柄なのだ)

夕方の風に吹かれながら、なんだかリラックスした気分になった。
わたしのふるさとは、ここにある。
帰りに「(佃の)ちょうちんがほしい・・・」とつぶやいて、娘に笑われた。

|

« 「I don't apologize.」~ヒロシマ | トップページ | お帰りなさい、野口さん。 »

コメント

3年に一回か4年に一回か調べてるうちに、広重の「佃しま住吉の祭」(名所江戸百景五十五景)の写真があるサイトをみつけた。
堀の中にねむっているものは

見てみてね♪
広重Love☆<これが言いたかったらしい。

投稿: しづく | 2005/08/07 16:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28323/5339362

この記事へのトラックバック一覧です: 住吉神社 本祭り:

« 「I don't apologize.」~ヒロシマ | トップページ | お帰りなさい、野口さん。 »