« さむい暑中見舞い | トップページ | 住吉神社 本祭り »

2005/08/06

「I don't apologize.」~ヒロシマ

 昨晩 TBS戦後60年特別企画「ヒロシマ」を最後の1時間くらいみた。

 被爆体験者が戦後60年という節目で、自らの体験をようやく絵で描いたり、話したりして次の世代に伝えていこうと力をふりしぼっている。
 わたしたちは、その差し出されたバトンこそを、受け取り、次の世代へ伝えていかなくては。このバトンはなくしてはいけない。

 戦争の悲劇は、かなり断片的にイメージとして自分の中にあった。
 今回、被爆者のおばあさんやおじいさんの証言に、自分の想像もつかなかった悲劇があった。

 原爆投下後、建物はくずれ、燃え、多くの人が全身のやけどや、下敷きになってうめいていた。母(語り手)は自分の意識がもどったときに、二人の子どもの姿がなく、がれきから「助けて~」と叫び声を聞いた。
 彼女は、がれきの下敷きになった娘を、炎が迫ってくる中どうしても助けることができず、逃げたと語った。
 わが子を見殺しにしたという、一生抜けない心のとげが、どんなに彼女を苦しめたことだろう。
 戦争、原爆、ということは、こんなことまで人に負わせるのかと愕然とした。おばあさんのこれまでを思ったら、胸がいっぱいになった。そして、こういう経験を、ずっと人に言えずにいままで持ち続けていたのも、よくわかった。

 この番組のもうひとつの企画。
 原爆の開発、投下、きのこ雲の撮影をした、ハロルド・アグニュー博士が、ヒロシマを訪れ、原爆資料館を見学、 そして2人の被爆者と対面した。
 被爆者は、ヒロシマで起こった悲劇を、博士に涙ながらに語った。
 しかし、博士の反応は2人の予想を大きく裏切ったと思う。

 「I don't apologize.」(わたしは謝罪しない)
 「Remember The Pearl Harbor」(真珠湾攻撃を覚えていてください)

ひとりのわが子を見殺しにしたと、一生苦しんでる人と、十数万人を死に至らしめた原爆にかかわった当事者でありながら、謝罪しないと言う人・・・。 

博士は、ヒロシマの話を「ひどい話だ」「戦争をしないことを祈る」とも言っていた。
 すべては、戦争というものが引き起こした副産物。
 わたしは博士が謝罪しないと言った理由が、なんとなくわかるような気がした。

 日本が真珠湾攻撃をしたから、アメリカは、原爆を落とした。
 どちらも被害者であり、どちらも加害者なのだ。
 それが戦争、というものだと。

 ◇ ◇ ◇


  未 あ 片 気 謝  
  来 り 付 が 罪  
  の え く 晴 さ  
  平 な な れ せ  
  和 い ん て て  
  の   て      
  た          
  め          
  に          
  は          

|

« さむい暑中見舞い | トップページ | 住吉神社 本祭り »

コメント

◇あつこさま
 詩、読ませていただきました。
 被災者の方が引用されたというところに、感銘を受けました。わたしだったら、自分たちの被害のことで頭がいっぱいかもしれない。ほかの国を思いやるまでの気高い精神、真の平和の祈りを感じました。
 わたしも、博士は、謝罪しない気持ちを持ち続けたからこそ、今まで生きてこられたとおもいます。
 コメントありがとうございました。

◇ま のすけさま
 おお、返歌をありがとうございます。
 博士は、原爆の威力やもたらした被害についてはわかってくれたようでした。謝罪だけで終わるのでなく、そこから先の過程のほうが大事ですね。
 こんなところでなんですが、AQ参加表明ありがとうございました。(*^^*) 微笑、使われる方がだいぶ増えてきておりますが、やっぱり文体でわかりましたよ。(^-^)

投稿: しづく | 2005/08/11 17:24

    謝罪は
    ただ表層の言葉でなく
    痛みを感じながらも
    ひたすら自分と向き合う
    時間の深さであって欲しいと


  外部からの圧力で無理ムリ出て来た謝罪の言葉も聞きたくないし、
  コイズミ式言葉遊びのパフォーマンスも見たくはない。
  ただ本人が、本人の心の中に、他人の悲しみから感じた
  哀しみや痛みの存在を、しっかりと自覚してくれたなら、
  それで十分なのかなぁとも感じています。
 

投稿: ま のすけ | 2005/08/11 14:59

しづくさん、こんばんは。
わたしもこの番組、家族と観ていました。
たまたま来ていた弟も一緒に。

博士の言葉を聞いて頭にきたけれど、
いろいろなことを考えさせられました。
博士は謝罪しないことでやっと自分を保っているのかも
とも思ったりもしました。

責め合うのは簡単だけれど、そうすることでは
決して平和は生まれないのでしょうね。

最近心に響いてきた栗原貞子さんの詩を
雑記帳(わたしの名前をクリックしてね)に書いたので
お時間のあるとき読んでみてください。また。

投稿: あつこ | 2005/08/09 20:15

◇ゆうさま
 ああ、ゆうさんは、娘さんにバトンをわたせたましたね。
 わたしもTVの前ではいえないこともあの博士にはあったような気がしました。
 最初のほうは見られなかったのですけど、サイトの掲示板に再放送の要望がかなりでていたので、またやるかもしれませんね。

投稿: しづく | 2005/08/06 14:48

私も子どもたちと一緒に見ました。
しづくさんと同じで、毎年、同じようなところまでは迫ってやっているので
ヒロシマのことは、色々と知っているつもりでいたが・・・
今回はかなり突っ込んだところまで取材していたと思う。
本当に凄まじい話だった。

アグニュー博士については、どういう話で出演することになったのかは分からないし、
約束ごとや立場もあるだろうから、謝罪云々を責めたり望んだりはしない。
だけど、最初、あんなに得意げに話していたのに、段々と変わっていった表情を見れば、伝わるものは十分あった。
たとえ60年振りでも、ここまで出来たことが凄いことだと思う。
私たち日本人には何も言えなくても、きっと自分の息子や周りのものに伝える言葉があると信じたい。

番組終了後(戦争についての作文の宿題だが)娘はすぐに作文を書き始めた。
同じような感じ方をした部分を読んで、母は少し感動した。

投稿: ゆう | 2005/08/06 13:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28323/5332556

この記事へのトラックバック一覧です: 「I don't apologize.」~ヒロシマ:

» 1945年8月6日8時15分-----問うことを放棄することだけが唯一の敗北である。 [BigBang]
意識して起きたわけではないが、間に合った。60年という時間の流れを経て、その時空 [続きを読む]

受信: 2005/08/06 11:50

» 戦争を支持した日本人は誰? [名無しの芸能観察記]
紅白アンケート600曲一覧を目当てで来られてる方が多いようなので誘導しておきます。 紅白アンケート600曲一覧の記事は  →→ こちら ←← 8/5(金)夜に放送された3時間特番 「TBSテレビ50年〜戦後60年特別企画〜”ヒロシマ”」視聴率低いだろうなあ。 ゴール... [続きを読む]

受信: 2005/08/07 04:25

« さむい暑中見舞い | トップページ | 住吉神社 本祭り »