« 携帯縦書き五行歌 | トップページ | 脳内現象 »

2005/07/28

アナザーコード 二つの記憶

先週の22日からはじめた「アナザーコード 二つの記憶」。(NintendoDSで動くゲームソフト)
昨日、エンディングを迎えた。
DSというハードウェアの特徴、タッチパネル、マイクなどをフル活用して、画期的ななぞ解き。
エンドロールに数々の製作者の名前が流れる。

公式サイトの「開発者インタビュー」をのぞくと、開発の苦労と達成感がうかがえる。
ああ、いいなぁ。

こういうのもやってると、どういうアルゴリズムか考えてしまう。
この条件、あの条件のとき、こちらへ分岐・・・、とか。

だいたいからして、ロールプレーイング・ゲームは選択肢のかたまりだ。
プレイヤーがどう操作するかどれだけ想定し、その解(謎)をつくりこめるか。
緻密だ・・・。
プレーヤーは開発者の想定内を推理し、突き進んでゆく。
トライ・アンド・エラーを繰り返しながら。
もっとも選択肢は限られてはいるけれども。

おもしろかった本が読み終わるとさびしくなる。
ゲームも同じだ。
でも2週目には、また違ったことがあるので、また2週目もやってしまうだろう。
わたしの目が赤かったら、アナザーコードのせいだと思ってもいい。

◇ ◇ ◇

ついでに、今読んでる本。

「スルメを見てイカがわかるか!」 養老孟司 & 茂木健一郎

うふふー茂木先生も忘れてないよー。

|

« 携帯縦書き五行歌 | トップページ | 脳内現象 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28323/5202298

この記事へのトラックバック一覧です: アナザーコード 二つの記憶:

« 携帯縦書き五行歌 | トップページ | 脳内現象 »