« 「五行歌」2首追加。 | トップページ | 11月の新宿大通り »

2004/11/13

盲人と音声携帯電話

今日はいつものパソボラに行ったのだが、生徒さんが2人しか来られなかった。
その代わり、障がい者による携帯電話の使い勝手についてインタビューしたいという方がいらした。彼はいろんな障害を持ってる方へインタビューし、要望などの声を集めて、その結果を携帯電話の企業に提案するお仕事をしているらしい。というわけで、今回はわれらが視覚障害福祉協会へいらっしゃった。
集まった5人の盲人の方は、全員音声ガイドのついたD社の携帯電話(以下音声携帯)を持っている。現在の音声携帯では、受信したメールを音声で読み上げることはできるが、入力時に問題があるそうだ。

例えば、音声ガイドのついたPCだと、「h」「a」と入力すると「は」と発音してくれる。
すなわち、自分がいま打ち込んだ文字が何かすぐわかる。ところが、音声携帯のメールでは、入力時にまったく音声ガイドがないため、「4」のボタンを2回(h)、「2」のボタンを1回(a)と押す。押すボタンと押す回数を全部記憶しておき、文章の最後まで文字通り「闇雲」に打ち込む。

文章の確定をした段階で、初めて、全文を読み上げられ、確認できる。間違いがみつかっても、それがどこの位置か探すのは不可能である。結局全文打ち直すという。
一番多かった要望は、「一文字ずつの音声ガイド」と、現状のモードの音声ガイド「数字」「アルファベット」「ひらがな」「カタカナ」など。

そのほかにもいろんな声がだされ、インタビュアーの彼は熱心に聴いてくれてまとめてくれるとのこと。
開発には、やはり使う人の声を反映するのは必須だ。使い勝手のいいものができるといいなと思う。

   ◆ ◆ ◆

帰りは、Mさんといっしょに駅まで行った。Mさんは左利きだったので、右側に立つ。ちょっと慣れなくてへんな感じ。
ホームまでいっしょにガイドしたら、「イシイさんとはよく会うので、渡してなかったけど・・・。」と一枚のカードをくださった。見知らぬ人にガイドしていただいたとき、お礼に渡してるのだという。
名刺大に二つ折りにしたカード。
表はMさんの名刺(点字付)、裏は「Thank you for your kindness」とその点字。
thankyoutenji.jpg

中を開けると、左には俳句。右側にメッセージがあった。
oreicard.jpg
あなたのような優しい方のお陰で、
目の見えない私も自信を持って一人で行動できます。
どうもありがとう。

ちょっと涙ぐんだ。ありがとうをありがとう。

|

« 「五行歌」2首追加。 | トップページ | 11月の新宿大通り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28323/1952227

この記事へのトラックバック一覧です: 盲人と音声携帯電話:

« 「五行歌」2首追加。 | トップページ | 11月の新宿大通り »