« 現代工芸から非情のオブジェへ | トップページ | ブースカLove☆ »

2004/10/13

てがみ

雨上がりの
裏道は
かえるのにおいがする

  ◆

しばらく手紙を出してない友だちに、手紙を出そうとして、箱の中を探していた。
いただいたお手紙は、年賀状以外のものとしてまとめて箱に入れている。
目的の手紙(新しい住所が書いてあるはずだった)が一回では見つからず、でもその箱がパンパンにあふれてしまっているので、少し整理しようと2つとも棚から下ろした。
引越し前の住所のものがある。昔の後輩、引っ越していった人たち、中学からの友だち、高校の友だち、大学の友だち、義母からのものもずいぶんある。おもわず封筒から出しては、読んでしまう。
カードもある。ちょっと泣ける。

最初はいらないものがあったら捨てようと思っていた。
でも捨てられるものなんて一通もなかった。
みんな大事な思い出のお手紙だった。
ちょっとだけ、ハートが暖まった。

|

« 現代工芸から非情のオブジェへ | トップページ | ブースカLove☆ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28323/1670054

この記事へのトラックバック一覧です: てがみ:

« 現代工芸から非情のオブジェへ | トップページ | ブースカLove☆ »