« 桜井さんLove☆ | トップページ | ギャラリー「ささやくように つぶやくように」 »

2004/10/03

セカチューを読む(一部ネタバレ&セカチューファンごめん)

セカチュー=『世界の中心で、愛をさけぶ』 片山恭一 小学館 を読んだ。

 読み始める前から、だいたいの筋はわかっていた。正直、ありきたりのプロットだと思っていた。昔から何度となく繰り返されているテーマだから。たまたま娘が友だちから借りてきたので、ついでに読ませてもらったのだ。
 この本はいくつか特徴がある。そのことを書こうと思う。(ちなみにTVドラマも映画も見ていない)

 1)文章のセンテンスが短い。
   イメージを重ね合わせるようなリリカルな文章だ。心理描写も風景の描き方も、抽象的できれいだ。

 2)会話文がおもしろい。
   17才の高校生の会話って、こんなふうに話すのかなぁ。誰に聞かれてるみたいに話してる。
   っていうか、会話がすべて芝居のセリフみたい。

 3)登場する大人がやたら物分りがよい
   17才の娘の恋人に対する接し方とか、あっさりと孫に100万渡す祖父とか。

 全体的に、はじめからドラマの脚本のようなお話だ。これをルックスのきれいな若者が演じたら、絵になるだろうなーみたいな。
 でも「じゃー泣かないでよんだんかい!」というツッコミには、ノーコメントで。

sora.gif

私が中学生の時、あこがれていた先輩が白血病で亡くなった、と聞かされたのは高校2年生のときだった。
大学受験の健康診断でわかったという。入院してから2ヶ月だった。その話を聞いた時には、すでにお葬式も終わった後だった。

わたしは朔がうらやましい。
あんなにたくさんのふれあいを持てて
あんなにたくさんのことばを伝えられて
わたしは朔がうらやましかったんだ。

|

« 桜井さんLove☆ | トップページ | ギャラリー「ささやくように つぶやくように」 »

コメント

ゆっこは、セカチュー@ドラマファンだったよね。
三浦友和は、赤い疑惑シリーズを連想してしまうな。<古!

先輩とは、高一のとき、友だちの文化祭で再会したんだ。それまで忘れていたのに。そのときどうしても話しかけられずに、帰ってきちゃって、後ですごく後悔した。
にこにこ笑ってたあの姿は、ずっと焼きついてるよ。

投稿: しづく | 2004/10/04 16:46

そっか、読んだんだね。
私はTVドラマしか知らないの。
両方知ってる人に言わせると、TVのほうが良かったと。
小説の朔太郎はもっとドライだとか言ってました。きっと文章が短いせいもあるのかな。
しづくはそういうことがあったのですね。
朔ちゃんは立ち直るのにあんなに時間がかかったけれど、
本当はきちんとお別れすら出来ない人もいっぱいいるのだろうね…。

投稿: ゆっこ | 2004/10/03 22:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28323/1580191

この記事へのトラックバック一覧です: セカチューを読む(一部ネタバレ&セカチューファンごめん):

« 桜井さんLove☆ | トップページ | ギャラリー「ささやくように つぶやくように」 »