« 大車輪のおじいさん | トップページ | 9・11 »

2004/09/09

武田百合子の本

高山なおみさんのエッセイが好きということからはじまって、「(高山さんの文章は)武田百合子さんに似ている」と教えてくれた人がいた。
武田百合子さんという人を知らなかったので、ネットで調べたり、近くの図書館へ行って本を借りてきた。

「日日雑感」 タイトルどおり、毎日の出来事をつづった日記文学ともいうエッセイ。

感想。うーん。
感性がちょっと変わっている。食べることが好きらしい。
よく映画やお芝居や展示会を見に行く。
物事を細かく観察している。
とおりすがりの人や、レストランなどで隣り合わせの人の話までおぼえていて、書いてしまう。
おかしな夢を見る。(夢の話をかくところは、高山さんと共通している)
気持ち悪くなってばかりいる。

複雑。魅力のつぼがわたしとはちょっとずれてる感じ。
でも他の本も読んでみようと思う。
しばらくこだわってみようと思う。

|

« 大車輪のおじいさん | トップページ | 9・11 »

コメント

書評をあちこち調べてみると、かなり評価が高いのです。
日々雑感はいちばん最後の著作なので、富士日記、犬が星見た、など読んでみたいと思っています。
 

投稿: しづく | 2004/09/10 23:00

その方、魅力的ですね。
わたしも読んでみたくなりました。

投稿: 吉野比抄子 | 2004/09/09 22:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28323/1399207

この記事へのトラックバック一覧です: 武田百合子の本:

« 大車輪のおじいさん | トップページ | 9・11 »