« この頃の出来事から | トップページ | 江戸川乱歩と大衆の20世紀展 »

2004/08/20

早すぎる流れの中で

旅行から帰ってきた私は、オリンピックの開会式をみはぐった。
15日の終戦の日は、かろうじて、お昼の黙祷をした。
高校野球もはじまっていた。
なかよしの歌人さんたちが、BLOGを立ち上げてそれをチェックするのが楽しみになった。
読みたい本がいっぱいあって、10冊くらいふとんの横に積んである。

毎日のいろんな流れの中で、浮かんでは消えていく思いたち。

アタマの中でぐるぐる描くのだが、文字にする前に流れていってしまう。
流れに追いつけないでいる。

高山なおみさんのエッセイを図書館で借りてきて読んだ。
「あ~これだよ」
わたしはそこにいたい。
とどまっていたい。
しばらくのあいだ。

|

« この頃の出来事から | トップページ | 江戸川乱歩と大衆の20世紀展 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28323/1236035

この記事へのトラックバック一覧です: 早すぎる流れの中で:

« この頃の出来事から | トップページ | 江戸川乱歩と大衆の20世紀展 »