« うずうず | トップページ | ささやかなお返しとして存在する歌 »

2004/07/30

溺れてはいけない

夏である。
ミステリーである。
江戸川乱歩である。

7/28は、乱歩の日(乱歩の忌日1965)だそうだ。
江戸川乱歩関連イベントが東京の各地で開催される模様。
http://www.e-net.or.jp/user/stako/rikkyo1.html

そんなこんなで、毎日夜ふとんの中で読む一冊を選ぶのだが、このところのお供は江戸川乱歩。
代表作は映画やドラマやアニメにもなってるので、筋書きはわかってるものが多いとはいえ、何度でも読み返したくなる魅力がある。

昨晩読んだのは、「一寸法師」。
謎の男一寸法師、山野家の美しい後妻、義娘の失踪、バラバラ死体。
きわだったキャラクター、2転3転するストーリー展開はさすがだ。
乱歩自身は、この小説の内容が不満で休筆宣言をしたらしいのだが、朝日新聞に連載されたという知名度もあり、代表長編とされている。

今の世の中だと、こんな猟奇的な作品は青少年への影響が心配されそうだ。
乱歩の猟奇的、幻想的、恐怖小説のたぐいは、大人のものだ。
普通に生活してる市井のものだと思う。
毎日の生活の中に、ちらりと見え隠れする、欲望や恐怖を幻想世界で解き放ってくれるものなのだ。
溺れすぎてはいけない。

|

« うずうず | トップページ | ささやかなお返しとして存在する歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28323/1084391

この記事へのトラックバック一覧です: 溺れてはいけない:

« うずうず | トップページ | ささやかなお返しとして存在する歌 »