« 今日は歌会でした。 | トップページ | 「五行歌」3首追加 »

2004/04/25

ドラマ「センセイの鞄」

昨日、フジTVでドラマ「センセイの鞄」が再放送されていた。
このドラマは、もともとWOWOWのオリジナルドラマとして制作、放映されたものだ。
最初に見たとき、わたしはまだ川上弘美の原作を読んでいなかったのだが、このドラマには泣かされた。
このドラマがきっかけで、川上弘美を読み漁るようになった。
五行歌までつくった。

民放TVで放映されたことにも驚いたのだが、やはりついつい途中から見てしまう。
しかし、CMのたびぶちきられ、微妙に編集カットが入ってるあたりちとがっくり。
この流れるようなお話は、CMがとても似合わないと思う。

それでも。

今回見直して、(原作も読んでいる今)画面にひきつけられたのは、柄本明の「センセイ」であった。
この演技が、監督久世光彦氏との合同のものだとしても、彼はセンセイを確実に「リ・プロデュース」してみせた。
本を読んで、イメージするセンセイの面影、まなざし、笑い方、胸をしめつけられるようなこのひとだ。
二人でふとんの上で「よろしくおねがいします」と頭を下げ、泣き笑いするシーンは、名場面だと思う。

ドラマはほとんどみない私だが、このドラマ「センセイの鞄」には、映画にしてもおかしくない完成度があると思う。
まだ録画してある、ノーカットCMなしのこれを、また観たくなった。

|

« 今日は歌会でした。 | トップページ | 「五行歌」3首追加 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28323/490916

この記事へのトラックバック一覧です: ドラマ「センセイの鞄」:

« 今日は歌会でした。 | トップページ | 「五行歌」3首追加 »